• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「困った男子」の対処法【ビジネス編】

2012年12月27日

職場にも周囲にも「いるよねー、こんな人…!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

どこにでも“困った人”はいるものだけれど、男性となると、とりわけ接し方が難しい…。

男性の本音や心理から対処法を探ってみましょう。

「言えば分かる」はNG!歩み寄りがカギに

 本人に悪気はなくても、「なぜ、そうなの?」と女性を困惑させる「困った男子」が増えている。男子の言動や考え方が理解できなくて困るのは、仕事も恋愛も同じこと。女性は「困った男子」に敏感に気づ付く分、割を食いやすいという。

 そんな「困った男子」に対して、女性側の意識改革を提案するのはアサーティブジャパンの森田汐生さん。「これまで、『察することは美徳』だという文化がありましたが、最近は価値観が多様化し、察することを知らない、あるいはできない人が増えています。『自分はこう思うから、当然、相手もそう思うだろう』という思い込みは捨てましょう。でないと、察してもらえないたびにストレスは溜まる一方です」(森田さん)

 「言えば分かる・伝わる」が通用しない時代に重要なのは、マネジメント力。相手に改善を求めるより、臨機応変に、柔軟に、時には忍耐をもって、自分のほうから接し方を変えてみよう。ここでは、様々なタイプ別に「困った男子」の接し方を紹介するので、ぜひ取り入れてみて。

ビ ジ ネ ス 編

 あり得ないリアクションを返す同僚や後輩、無神経な発言をする上司など、職場に潜む「困った君」の実体に迫ります。

困った!
プライドがいびつに高いタイプ

 弱いところを表に示すことイコール「負け」と思っているような、妙なプライドがある男子。特に女性社員の前でその傾向が強いみたい。何か仕事を頼んだとき、できないなら「できない」、分からないなら「分からない」と最初から言ってほしいけれど、絶対に言わない。人に頼れることは頼ってしまったほうが自分も楽だし、周りも迷惑ではないのに…。(35歳・建設・総務)

対処法
「人」ではなく「問題点」を追求し一緒に解決していく

 「人ではなく、仕事上で問題になっていることを追求し、解決するのもポイントです」(森田さん)

NG フレーズ 「そのやり方では周りも迷惑だよ」
OK フレーズ 「私も一緒に手伝ってもいい?」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術恋愛・結婚人間関係の悩みライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ