• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

就活生注目!ブラック企業の見分け方

2012年12月28日

仕事がきつい、休めない、給料が払われない…

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

仕事がきつい、休みがない、まともに給料が払われない。

3ナイ尽くしのブラック企業に入ってしまわないために、これだけは注意しよう

企業だけでなく職場単位のブラックやグレーも

 初任給19万8500円(残業代別途支給)のはずが、実は月80時間以上の残業が織り込み済みの数字だったとしたら。ボランティア研修という名のもとに、休日返上で働くのが当然の会社だったら─。残念ながらどちらも現実の話。100時間を超す残業が続き、過労死や過労自殺に至って、裁判で争われる過程で明らかになった実態だ。

 「このような長時間労働で仕事がきつい、休暇が取れない、賃金がまともに払われないなど、労働基準法不在のひどい働かせ方をしている会社を、端的に表す言葉として生まれたのが“ブラック企業”です」(関西大学教授の森岡孝二さん)。

 背景には、採用抑制が続いて正社員から非正規社員への置き換えが進んだことがある。少ない人数で、先輩社員も過重な仕事量を抱え指導や支援する余裕もない。新入社員も即戦力であることが求められる。仕事はきつくなり、すさんだ職場でいじめが生まれたり、上司から「派遣の方が働いている」「文句は仕事をやってから言え」などパワハラ同然の暴言を浴びたりすることが起こっている。

 苦労して入っても働き続けられないようなブラック企業では、就活の甲斐がない。「簡単に企業を色分けできるわけではない。ただ要注意な企業に多い特徴もある」(森岡さん)。見分ける指標として次ページの項目を参考にしてほしい。

 就活情報からもグレーな会社を読み取ることはできる。「本来初任給とは、基本給+一律支給の諸手当のこと。初任給を◯円~と幅を持たせて表記しているとしたら、何か理由があるはず」。前出のケースのようにあらかじめ残業代を含めていることもある。給与や労働時間などの基本情報が曖昧で、就活での質問がタブーになっているとしたら、要注意だ。

 また、劣悪な仕事環境や条件は、企業レベルだけでなく職場単位でも直面しうる。「入社してから気づくこともあるので、入ってからどうしたら自分を守れるのかも知っておいてほしい」(森岡さん)。

 一番大事なのは、知識は力ということ。例えば妊娠したら仕事を続けられない雰囲気を感じたとしても、働く権利のなかに、生み育てる権利も入っていること、産休育休は守られるべき労働条件であることを、知っているだけで心持ちは大きく違う。辞めざるを得なくなっても、退職勧奨を受けて辞めれば会社都合退職となり、すぐに雇用保険が出るが、知らずに自己都合で退職すれば受給制限で3カ月間でないのだ。

 労働者を保護するための労働法を知っていることが、働く上でいざという時に役に立つ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術就職・転職コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ