• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

皮膚科医がオススメのコットンクレンジング

2012年11月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

直後に効果を実感!2週間でもちもち肌に

読者モニターが脱力クレンジングに挑戦

今回、協力をお願いしたのは、3人の読者モニター。まずは普段の洗顔方法をビデオで撮影し、それぞれの問題点を確認。その後、8月中旬の2週間を使い、脱力クレンジングを実施してもらった。

クレンジングの改善による効果を調べるため、実験の前後に簡易型肌診断解析装置「スキンプラス」(メビコ・ジャパン)を使用して肌年齢を測定し、2週間での肌年齢の変化を見た。

肌年齢40歳 → 39歳 : -1歳
エステティシャンにほめられる“もち肌”に
山中愛子さん(36歳)
山中愛子さん(36歳)
すすぎを30回

 眉間にファンデーションが固まるほど化粧崩れする一方、洗顔後は肌がつっぱり、「化粧水をつけても干からびそう」という山中さん。目元に乾燥小ジワも。洗顔はすすぎが大切と考え、30回すすぐか、シャワーですすいでいたとのこと。2週間、入浴前に10~15分かけてゆっくりクレンジングし、すすぎ5回を徹底したところ、キメと弾力が回復。洗顔後は化粧水だけでも保湿できるようになって、目元の乾燥も改善。過剰な皮脂がなくなって角栓もできず、午後の化粧直しが不要に。エステでは「肌状態がいい」とほめられた。「2週間でこれだけよくなるなら、これからも続けます!」

肌年齢41歳 → 39歳 : -2歳
鼻先の乾燥がなくなりキメ、油分もアップ
O.Mさん(39歳)
O.Mさん(39歳)
シャワーですすぎ

 乾燥肌で皮脂が少なく、自分の汗もピリピリと染みるという前田さん。鼻先と唇の乾燥が特にひどいという。メイク落としはミルクを使用。入浴のついでにクレンジングしており、手早く流せるシャワーでお湯を直接かけていた。そこで「脱力クレンジング」を実践してもらったところ、まずは洗顔後の乾燥が収まり、そのまま続けて40分間半身浴をしても汗が染みなくなった!実は洗っていなかった鼻下や唇も、きちんとクレンジングしたところ、乾燥が改善。特別肌がよくなったという実感はなかったものの、キメ、明るさ、弾力、油分の数値がアップ。総合では2歳分若くなるという結果に。

肌年齢35歳 → 35歳 : ±0歳
透明感アップを実感 肌年齢は変わらず
守屋惠子さん(33歳)
守屋惠子さん(33歳)
W洗顔していない

 キメの整った肌の持ち主で、「冬は鼻の角質がポロポロ落ちるほど乾燥するけれど、夏の間は空調による乾燥を多少感じるくらい」という守屋さん。ベタつきが苦手なので、普段は化粧水で保湿するだけで、冬にジェル状保湿剤を使う程度。以前はW洗顔(メイク落とし+石けんでの洗顔)をしていたが、固形石けんタイプのメイク落とし兼洗顔料を使い始め、吹き出物がなくなるなど好調に。今回、「脱力クレンジング」に挑戦してもらったところ、朝化粧する際に肌の透明感が上がったと感じたという。ただし測定では、キメ、明るさ、弾力がわずかに改善したものの、肌年齢は変わらなかった。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティダイエットカラダの悩み・病気メンタルヘルス健康レシピ・食材メイクアップスキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ