• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

野菜の食感を楽しむ味噌汁

2012年10月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 レシピ作成を担当したタニタ栄養士委員会の宇野薫さんが気を配ったのが“彩り”。色の異なる野菜を食べると、より多くの栄養分がとれる。さらに、かみ応えがあるので、満腹中枢を刺激して満足感が得られる。作ってみると、複数の素材から出るうまみで、同じ味噌でも違う味になる点には驚くはず。

タニタ式
かみ応えアップで満足度アップ術

1 硬い素材を入れる
刻み昆布などの硬い素材を入れれば、よくかんで食べるように。

2 切り方は大きめに
良くかむように。調理時間短縮を優先する場合は薄く小さく。

3 火を通しすぎない
ぐだぐだになるまで煮ないで、かみ応えを残す。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ