• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハムストリングス&上体ねじりストレッチ

2012年9月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

胸郭の“自然なねじれ”はストレッチで改善

 柿崎准教授によれば、胸郭にはねじれがあるという。

 「歩き出すとき、ほとんどの人が右足が前に出る。すると手は左手が前で、右手が後ろに。この動きは、胸郭の“自然なねじれ”によって生じている。細かくいうと、胸郭の上部は左側、下部は右側がやや前に出ていて、肋骨がわずかにねじれた状態になっている」。

 胸郭の動きを考えれば、ねじれがないのが理想だというが、ストレッチなどによって胸郭のまわりをこまめに動かすことで、呼吸への影響は抑えられるそうだ。

step 5 後傾しやすい骨盤をリセット!
ハムストリングスストレッチ

 座りっぱなしで硬くなりやすい太もも裏の筋肉が、ハムストリングス。ここが縮んで引っ張られることで骨盤が後傾すると、猫背になって胸郭の動きが悪くなる。しっかり伸ばしてリセットしよう。

Point! 股関節も緩んでストレッチ効果がアップ

 「ストレッチをするとき、足を手で固定することで股関節が緩みやすくなる。関節が緩むと周辺の筋肉もより緩みやすくなるため、ストレッチ効果が上がる」(柿崎准教授)。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ