• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

話題のロンドン五輪マスコット、見た?

2012年8月3日

カメラをかたどったマスコット、フェアリージャパン…話題あれこれ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

白熱の戦いが連日繰り広げられているロンドン五輪、観戦で寝不足になっていませんか?

そういえば今回の五輪のマスコットってどんな形? 史上最高の報奨金の話、知りたい!

ロンドン五輪にまつわる話題あれこれをお届けします

まだまだある!
必ず会話が盛り上がる オリンピック話題あれこれ

ロンドンにも妖怪がいた?一つ目マスコットの謎

オリンピック用の「ウェンロック」(写真左)とパラリンピック用の「マンデビル」(右)の2体。ある老工員が、孫のために鉄の塊から作り出した“魔法の生き物”で、目は見たものを記録するためのカメラという設定。一つ目が見慣れない欧米では「気持ち悪い」と人気はいまひとつ


猫はどうしてダメなの?複雑な国籍問題

しずちゃんや猫ひろしなど、タレント選手が話題になった代表選考。猫は、「過去に国の代表として国際競技会に出場経験がない選手は、(1)国籍取得後1年の経過(2)連続1年以上の居住実績(3)国際陸上競技連盟の特例承認、のいずれかが必要」という参加資格を満たさず出場ならず

現地に行かなくてもロンドン観光気分の競技!

応援には行けなくても、ロンドンの雰囲気を楽しみたい。「馬術が行われるグリニッジパークは、世界文化遺産。カヌーは、テムズ川。テニスは、王道のウィンブルドン。海での開催の多い遠泳やトライアスロンは、今大会はハイドパークの中にあるサーペンタイン湖で行われます」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ