• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今のこころの状態、上向き?下向き? 

2012年2月20日

今のこころの状態、上向き?下向き? 上向きのこころ、目指したいのはこの状態!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

イライラ、悲しい、さびしい……
そんな今の気持ちを素直に見つめれば脳が鍛えられてこころも上向く!

 過去のつらい経験をいつまでも忘れられなかったり、「もし、うまくいかなかったら……」などと先々のことを不安がったり。人間、なかなか心穏やかに過ごせないのはなぜなのか。

 「嫌なことを繰り返し思い起こすのは、過去にとらわれているから。一方、まだ起こってもいない先のことをあれこれ想像し、不安を感じるのは、未来にばかり目が行っているから。このように過去や未来に執着して、『今』がお留守になっていると、今、この現実を生きているという実感が得られない。だから幸福感を感じにくい」と、早稲田大学人間科学学術院の熊野教授は説明する。

 実は、こんな状態に陥っているとき、脳の中では、扁桃体(へんとうたい)と呼ばれる場所に、ある異変が起こっているという。

悪感情は扁桃体の暴走
前頭前野を鍛えれば収まる

 扁桃体は“本能の脳”と呼ばれる場所に位置し、記憶に関わる領域などと連携して、無意識のうちに快・不快や好き嫌い、安全・危険などの判断を行う。

「不安や恐怖、イライラ、後悔といったネガティブな感情に振り回されているとき、脳の中では扁桃体が異常に活性化し、いわば暴走状態にあることがわかっている」(熊野教授)。

 もともと扁桃体は危険を避けて身を守るため、不安などの感情を生みだすが、それが過度に働くと必要以上のネガティブ感情が生まれることになるのだ。

 この扁桃体をコントロールするのが、自分の気持ちを客観的に把握したり、理性的に物事を判断するなどの高度な情報処理を行う前頭前野。「この前頭前野をしっかり働かせられれば、扁桃体の暴走は収まるが、働きが弱まり機能が低下すると、暴走にブレーキをかけられなくなる」(熊野教授)。

 つまり、過去や未来にとらわれたり、ネガティブな感情に振り回されたりする状態に歯止めをかけるには、前頭前野を鍛える必要があるのだ。

 そこでお薦めするのが、前頭前野を確実に強くする四つの方法。その一つが「感情の観察」だ。ネガティブ感情が浮かんでも、「なぜこんな気持ちになるの?」「何が原因だったの?」などと深堀りはしない。「『ああ、今、私の中でこんな感情が湧いている』と、ただ観察するだけでいい」(熊野教授)。

 そうしていると、ネガティブ感情は実は自然に消えていく。これも大事なポイントだ。「蚊に刺された場合、かくとかゆみは悪化するが、放っておくと2~3分でピークに達し、やがて収まる。不安などの感情も同じで、通常は20分ほど続くと徐々に小さくなっていく」(熊野教授)。嫌な感情も正面から向き合ってしまえば大して長続きしない。これを知っておくだけでも、気持ちが軽くなるはずだ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルスカラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 11月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 11月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 10月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ