• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大塚製薬の「大麦ごはん」が、機能性表示食品に
大麦β-グルカンで、トリプル機能を表示
「糖質」「コレステロール」「おなか」に働く

2015年7月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 7月7日、消費者庁は機能性表示食品の届出について、新たに4品目を公表した。特筆されるのは、大塚製薬が、大麦β-グルカンを含む製品について、「糖質」「コレステロール」「おなか」の3機能のトリプル表示を届出したこと。先にトリプル表示を届出し、発売した「食事の生茶」の難消化性デキストリンに続いて2成分目のトリプル表示となった。

 大塚製薬が届出したのは「大麦生活 大麦ごはん」と「同 和風だし仕立て」の2商品。ともに、「本品には大麦β-グルカン(食物繊維)が含まれます。大麦β-グルカンには糖質の吸収を抑える、血中コレステロールが高めの方の血中コレステロールを低下させる、おなかの調子を整える機能があることが報告されています」と表示する。

 大麦については、米国では2006年に「大麦のβ-グルカンの摂取は血中コレステロールを下げることを通して、冠状動脈心疾患のリスクを低下させる」という健康表示が認められている。

 今回の日本での機能性表示では、制度の趣旨により疾患についての言及はないが、「糖質」「コレステロール」について、主食の一部として摂取できる穀物の成分が認められたことは、大きな一歩となりそうだ。

(日経ヘルス/藤井省吾)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ