• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ファンケルヘルスサイエンスが遺伝子検査に参入
生活習慣病リスクに見合ったサプリメントを提案

2014年11月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ファンケルヘルスサイエンス(横浜市中区)は、11月1日から新サービス「グッドエイジングプログラム」を通信販売や一部の直営店舗を通じて始める。これは、遺伝子検査に基づいて将来起こりうる生活習慣病のリスクを解析し、生活習慣をアドバイスし、それに見合ったサプリメントを提案するというものだ。

 ファンケル代表取締役会長で、グループCEOの池森賢二氏は、「この予防医療事業の目的は、病人をつくらない、人を病気にさせないということ」と話す。

 遺伝子検査は、口腔内の粘膜を綿棒でこすることで、遺伝子を採取し、郵送するだけ。生活習慣病の発症と遺伝的リスクの研究をしていた元大阪大学大学院内分泌代謝内科学准教授の山崎義光氏が監修。この検査の結果に基づき、医師からの生活習慣病リスクに関しての解説、同社の健康カウンセラーからの生活習慣改善やサプリメントの提案が書かれたシートが送られてくる。店舗で申し込んだ場合は、別日に結果について健康カウンセラーから直接店舗でアドバイスが受けられる。通販の場合は、結果が郵送されるタイミングで、健康カウンセラーから電話がかかってくるという仕組みだ。

 具体的な遺伝子検査メニューとしては、肥満、インスリン抵抗性、体内老化(酸化・老化)の3つの基本項目に加え、単品メニュー6種類、セットメニュー3種類を用意する。単品メニューは、(1)脂質異常症発症リスク、(2)血栓症発症リスク、(3)2型糖尿病発症リスク、(4)高血圧症発症リスク、(5)骨粗鬆症発症リスク、(6)関節症発症リスクで、各1万4800円(税込)。

 セットメニューは、脳血管・心疾患発症リスクセット(上の1、2、3、4にプラスして動脈硬化リスクを検査)、認知症発症リスクセット(1、2、3、4にプラスもの忘れ発症リスク)、ロコモリスクセット(5、6にプラス筋力低下リスク)となっている。各2万9800円(税込)。

 健康カウンセラーが薦める専用サプリメント「生活習慣サプリメント」は、5種類で、9180~2万7000円(税込)。血管の詰まりに着目した、発芽玄米の成分「PSG」を配合した「PSG」、酸化や糖化を防ぐ「還元型ケルセチン」、認知機能にアプローチする「フェルラ酸」「α-GPコリン」、ロコモティブシンドロームのための「ロイシン」だ。「生活習慣サプリメント」シリーズを定期的に購入する場合は、「グッドエイジング倶楽部」会員として、同サプリメントの割引や健康カウンセラーの継続的なサポートなどが受けられる。

(日経ヘルス、白澤淳子)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ