• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビーンスターク・スノーから
日本初!母乳の“守る力”を高める乳酸菌食品発売

2014年9月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 雪印メグミルクグループで、赤ちゃん用粉ミルクや機能性食品などを製造販売するビーンスターク・スノー(北海道札幌市)は、9月3日、同社が展開する妊娠期や授乳期のママの健康のためのシリーズ「ビーンスタークマム」から、母乳育児中のママのための乳酸菌含有食品として、「ビーンスタークマム 3つの乳酸菌M1」を9月中旬に発売すると発表した。3つの乳酸菌が、母乳中に含まれる、「赤ちゃんをアレルギーから守る力」を高めるという。

 母乳には、赤ちゃんの免疫力を高める成分が含まれるといわれ、そのひとつにTGF-β(transforming growth factorβ)というたんぱく質がある。TGF-βは、細胞の増殖や分化を制御し、アポトーシスを促す働きがあることが知られているが、アレルギー性炎症の発症を抑制するなど、体内の免疫システムが自己抗原やアレルゲンなどによって過剰に活性化することを防ぐ因子と考えられている。

 ここ数年の研究で、TGF-β量が多い母乳を飲んだ子供は、乳幼児期のアレルギー疾患の発症率が低いという疫学報告が相次いでいる。特に、食物アレルギーは1歳までの発症頻度が最も高いとされることからも、母乳中のTGF-βが子供のアレルギー発症を予防する鍵になると注目を浴びている。

 同社育児品事業部広報担当の田中健一氏は「これまで、2種類以上の乳酸菌をとっている母親の子供はアレルギーの発症率が低いということがわかっていた。そこで、食経験のある菌の中からベストの組み合わせを考え、乳酸菌(Lactobacillus casei) 、ビフィズス菌(Bifidobacterium longum)、有胞子性乳酸菌の3つを組み合わせて配合し、商品名に社内で母乳研究を指す『M1研究』から『M1』をつけた」と説明する。

 同社は、山梨大学医学部免疫学講座と共同で、母乳を与えている母親でアレルギー素因のある60人を対象に、3つの乳酸菌を2カ月間食品としてとった場合ととらなかった場合の比較試験を実施。その結果、前述の3つの乳酸菌をとったほうが、母乳中のTGF-β量が増えることを確認したという。この研究結果についての詳細は、9月に開催される日本母性衛生学会の同社ランチョンセミナーおよび、10月の日本食品免役学会にて発表予定だ。

 「ビーンスタークマム 3つの乳酸菌M1」は、90粒入り2296円(税別)。1日目安量3粒に乳酸菌やビフィズス菌を合計100億個以上含む、水でのむタブレットタイプ。全国の薬局・薬店、ドラッグストアのほか、赤ちゃん用品専門店などで購入できる。

(日経ヘルス、堀田恵美)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ