• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

サントリーウエルネス、日本抗加齢医学会で
オリーブポリフェノールの血管をしなやかにする働きについて発表

2014年6月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 サントリーウエルネス(東京都港区)は、オリーブポリフェノールが動脈硬化予防に効く新たなメカニズムを発見したことを、6月6日、第14回日本抗加齢医学会総会にて発表した。オリーブポリフェノールが血管内皮機能の低下を防ぎ、血管をしなやかにするという。

 オリーブオイルには、ヒドロキシチロソールやオレウロペインなどといったオリーブポリフェノールが含まれているが、これらの抗酸化力について、欧州食品安全機関(EFSA)は2011年、「毎日5mgのヒドロキシチロソール(もしくはオレウロペイン)の摂取はLDLコレステロールの酸化を防ぐ」と定めており、動脈硬化の予防に効果があるとされてきた。

 だが、今回同社が発表した内容は、LDLコレステロールの酸化抑制とは異なるメカニズムによる動脈硬化予防の可能性だ。研究では、正常ラットと高血圧ラットを通常の餌で育てた場合と、高血圧ラットをオリーブポリフェノールを0.05%混ぜた餌、0.15%混ぜた餌で飼育した場合を比較。5週間後にそれぞれの血管弛緩率で血管内皮機能を測定したところ、通常の餌で育てた高血圧ラット群は、正常ラット群に比べ血管内皮機能が低下していたが、オリーブポリフェノール0.05%配合の餌で育てた高血圧ラット群では血管内皮機能の低下を抑制する傾向が見られ、0.15%群では血管内皮機能の低下が有意に抑制されていたという。

 また、同社は、オリーブポリフェノールとブドウ種子ポリフェノール、ビタミンCを配合した食品を用いたヒト試験で、同様に血管のしなやかさが改善することを確認したと、5月31日~6月3日にスペインのマドリードで開催された第82回欧州動脈硬化学会議(EAS 2014)で発表している。

 同社商品企画部の片岡京子さんは、「血圧が高くなると、その圧で血管内皮が硬く傷つきやすくなるため動脈硬化のリスクが高くなる。オリーブポリフェノールは、血管をしなやかに保つことで、動脈硬化のリスク低下に役立つ可能性がある」と説明する。

 同社は、オリーブポリフェノールなどを含むオリーブエキスを配合したサプリメント「サンオレア」を4月24日に発売している。120粒、5000円(税別)で、1日目安量4粒に、ヒドロキシチロソール5mgを含むオリーブポリフェノール50mgのほか、赤ワインエキス、ブドウ種子ポリフェノール、トマトリコピンなどを含む。同社通信販売サイト (http://suntory.jp/SUNOLEA/)から購入できる。

「これまでゴマのポリフェノールであるセサミンの研究を行ってきたが、日本の伝統食材であるゴマに対し、西洋の伝統食材であるオリーブのポリフェノール研究を始めたところ、血管のエイジングケアにつながる働きを発見した。“年齢を重ねても若々しく健康でありたい”と願う中高年の方に利用してほしい」(片岡さん)という。

(日経ヘルス、堀田恵美)
 

 

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ