• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

筋細胞内のミトコンドリアや脂肪細胞に働きかけて脂肪を減らす!
メナードがスリミング用美容ドリンクとボディローションを発売

2014年5月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 メナード(愛知県名古屋市)は脂肪を減らすために、筋細胞内で脂肪をエネルギーに変換するミトコンドリアの数を増やす美容ドリンク「スラリステム ドリンク」と、脂肪細胞への脂肪蓄積を防いで増殖も抑制するボディローション「スラリステム ボディエッセンス」を、5月21日に発売する。

 同社は、筋細胞内に含まれるミトコンドリアの数が加齢などによって減少する点に注目。ミトコンドリアの数が減ると、食事で摂取した脂肪などが消費されず、内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積しやすくなる。しかし、筋線維の元となる筋芽細胞が融合して筋管を形成する際に、ミトコンドリア数が増加することが分かった。このきっかけとなるホルモン(アドレナリン)は、通常、運動することで産生される。同社では、「アイブライトエキス」にアドレナリン同様、「PGC-1α」という遺伝子の発現を高めてミトコンドリアの数を増やす働きがあることを発見し、今回の美容ドリンクに配合した。アイブライトは、ヨーロッパに自生するハーブの一種で、従来目によいとされて健康食品などに配合されている。同社のモニター試験では、3カ月の連用で3.5kg減少したという人もいたという。

 ボディローションは、脂肪細胞に着目したもの。同社と原料メーカーの共同研究によると、新開発した「HCAP」(パルミチン酸ヒドロキシクエン酸)は脂肪細胞に働きかけ、(1)脂肪の合成を阻害、(2)脂肪細胞の脂肪の分離を促進、(3)脂肪細胞の増加を抑制という3つの効果があることを突き止め、今回のボディローションに配合した。HCAPはヒドロキシクエン酸を元に浸透性を高めた成分であり、肌への浸透力が高いという。同社のモニター試験では、3カ月の連用で、腹部の皮下脂肪が25%薄くなった人もいた。

 今回の2製品の共通の特徴は、原理的にリバウンドが少ない点。美容ドリンクについては、筋細胞中のミトコンドリアの数を増やすので、飲用を止めても増えたミトコンドリアはそのまま残り、その筋細胞自体が寿命を迎えるまでは高い脂肪燃焼能力がキープされる。一方、ボディローションも新たな脂肪細胞ができるのを防ぐので、既存の脂肪細胞が寿命(平均で10年とされる)を迎えるぶん、細胞数が減ることになり、脂肪が蓄積されにくくなる。

 価格は美容ドリンクが100ml×10本で4000円(税別)。ボディローションは300mlで6000円(税別)。

(日経ヘルス、宇野麻由子)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ