• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

顔のくすみを改善するなら、
メラニンケアよりセラミドケアが早い
花王スキンケア研究所が発表

2014年3月4日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 花王スキンケア研究所は、皮膚の保湿成分の一つ、セラミドを補うような保湿ケアで、顔のくすみが改善すると、2014年春の美容新製品発表会(1月23日)で発表した。セラミドによる保湿ケアは、1~2週間と短期間で効果が得られるのが特徴。いわゆる「美白」として一般的なメラニン色素を減らす方法の場合、同等の効果を得ようとすると4~8週間かかるという。

 同社によれば、肌のくすみの主な原因は色素成分メラニンの増加と、乾燥による肌の凹凸の二つ。肌の凹凸は30~40代で急増し、肌をくすんで見せる。肌に凹凸ができるのは、肌表面の角層が乾燥し、キメが乱れるため。これは、肌の角層細胞間でセラミドの量が減ることが主因と考えられる。セラミドは水分をミルフィーユ状に挟み込んで保持しており、セラミドの量が減ると角層水分量も低下する。

 同社が「ソフィーナボーテ」などで採用する「持続型セラミドケア処方」は、角層細胞間と同様に、セラミドと水分がミルフィーユ状になった構造を、肌に塗布するときも塗布した後も維持できる。そのため、水分保持能が高く、セラミドの角層への浸透性も高い。同社では、この持続型セラミドケア処方の化粧品を使って実験したところ、1~2週間で肌の微細な凹凸が減少し、くすみを改善できたとしている。

(日経ヘルス、宇野麻由子)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ