• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

森下仁丹、ラクトフェリンとラクトパーオキシダーゼ配合タブレットが
唾液量を増やすことを確認、口臭対策への有効性を示唆

2014年2月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 森下仁丹は、1月14日、糖たんぱく質のラクトフェリンと、乳由来の抗菌成分ラクトパーオキシダーゼを配合したタブレット(LF+LPOタブレット)の摂取で、唾液の分泌量が有意に増加したことを確認、口臭対策への有効性が示唆されたと発表した。

 ラクトフェリンは、哺乳動物の乳や唾液などに含まれ、これまでの研究で、摂取することで、口臭のもととなる歯周病菌などの活性を下げることが報告されている。また、ラクトパーオキシダーゼの摂取で唾液の量やサラサラ度が改善したとの研究もある。

 そこで、同社は二つを配合したタブレットを使用して実験。20代~60代までの男女20人を対象に、LF+LPO配合タブレット摂取群と偽タブレット摂取群に無作為に分けて実施した。LF+LPO配合タブレット摂取群には、LF+LPO1000mg/粒のタブレットを、偽タブレット群にはマルチトールなどで作成したタブレットを、それぞれ1回に1錠ずつ1日3回、ゆっくりかんで摂取するように指示し、30日間継続。摂取期間中は、摂取前、摂取直後、5分後、10分後に、かんだガーゼに含まれる唾液の重さを測定するサクソン試験法で唾液量を測定した。試験30日目では、偽タブレット摂取群には目立った唾液分泌量の増加が見られなかったのに対し、LF+LPOタブレット摂取群には摂取直後に関して有意な増加が確認された。同社は、唾液は口臭のもととなる雑菌を洗い流す役割があることから、唾液分泌量が増えたことで、口臭対策への有効性が示唆されたと結論づけている。

 同社は、ラクトフェリンとラクトパーオキシターゼを配合したタブレット「オーラルラクトフェリン」(30粒)を1月25日から発売している。ラクトフェリンを1粒当たり100mg、ラクトパーオキシダーゼを1.8mg配合しており、1日の目安は3粒。味はレモン風味。外出時にも持ち運びやすいパウチタイプ。2625円。

(日経ヘルス、羽田 光)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ