• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

参天製薬、エピナスチン塩酸塩を配合した
医療用医薬品の抗アレルギー点眼剤を発売

2014年1月6日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 参天製薬は、抗アレルギー成分、エピナスチン塩酸塩を有効成分とした医療用アレルギー性結膜炎治療薬「アレジオン点眼液0.05%」を2013年11月25日に発売した。同社が日本ベーリンガーインゲルハイムからエピナスチン塩酸塩を導入し、開発した点眼薬だ。同成分を配合した点眼薬の発売は、日本初。

 エピナスチン塩酸塩は、ヒスタミンH1受容体拮抗作用に加え、肥満細胞からのヒスタミンなどのアレルギー原因物質の遊離を抑制する作用を持つ成分。国内で同成分を配合した医療用医薬品としては、アレルギー性鼻炎などの治療薬として内服用の錠剤が1994年6月に、ドライシロップが2005年3月に発売されている。同成分初の市販薬として、2011年10月にエスエス製薬からアレルギー専用鼻炎薬「アレジオン10」が発売されたことも記憶に新しい。

 同成分の眼科用剤は、欧米ではアラガン社により開発され、ドイツ、アメリカをはじめとする世界20カ国以上で発売されている。日本では、参天製薬が国内で実施した、スギ花粉を抗原とする結膜抗原誘発試験(第3相臨床試験)において、アレルギー性結膜炎の目のかゆみ、充血を抑制することが確認され、9月20日に製造承認を取得、11月19日に薬価収載されている。

 1回1滴を1日4回、朝・昼・夕方および就寝前に使用する。薬価は1ml、385.80円。防腐剤のベンザルコニウム塩化物配合のため、 含水性ソフトコンタクトレンズ装用時の点眼は避けたほうがいい。

(日経ヘルス、堀田恵美)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ