• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

味の素、筋肉たんぱく質の合成を促す
ロイシン高配合の必須アミノ酸サプリを通販限定で発売

2013年12月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 味の素は、筋たんぱく質合成に欠かせないロイシンを40%含む、独自配合の必須アミノ酸混合物「Amino L40」を開発。これと、骨の合成に必要なビタミンDを配合したサプリメント「アミノエール」を、通販限定で11月20日に発売した。初年度売り上げ目標は1億円。

 筋肉や骨の衰えによって、立つ、歩くなど日常の動きが困難になる「ロコモティブシンドローム」が注目されている。筋肉の衰えは、加齢による筋量の低下(サルコペニア)や、過度なダイエットによるたんぱく質の不足などがカギといわれる。同社の研究によれば、筋たんぱくの合成効率を高めるには、筋たんぱく質合成のシグナルを出す働きがある必須アミノ酸の一つであるロイシンが不可欠で、さらにロイシンを含む9種類の必須アミノ酸が十分な濃度で存在していることが必要だという。

 同社は、東京都健康長寿医療センター研究所と共同研究で、75歳以上のサルコペニアの女性155人を4群に分け、12週間の比較試験を行った。「対照群」は1カ月に一度の健康講話を受講し、「運動群」は週に2回の運動教室(60分)に参加、「アミノ酸群」は「Amino L40」(3g)を1日2回摂取するのみで、「運動+アミノ酸群」は、運動教室に加え「Amino L40」をアミノ酸群と同様に摂取した。「アミノ酸群」は、「対照群」に比べて筋量と筋力が2倍になったが、「運動群」で「対照群」に比べ2.6倍、さらに、「運動+アミノ酸群」では同4.9倍という結果になったという。

 研究結果から同社は、「Amino L40の摂取は、ロコモティブシンドロームの一つであるサルコペニアの効率的な対策手段となりうる」としている。また、「将来のロコモ対策のためには、20代、30代のうちからたんぱく質などの栄養を十分に摂り、運動することで筋量を最大化させるなど、早くからの取り組みが大切」と提言する。

 「アミノエール」は、スティック1本当たり「Amino L40」を3000mgと「ビタミンD」を20μg配合。1箱30本入り(約1カ月分)が5250円(送料無料)。

(日経ヘルス、西山裕子)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ