• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大正製薬と日水製薬、 日本初のOTC医薬品の生活習慣病改善薬を発売

2013年5月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 大正製薬と日水製薬は、4月15日、市販薬(OTC医薬品)の生活習慣病改善薬として日本初の中性脂肪異常改善薬「エパデールT」「エパアルテ」(どちらも第1類医薬品)をそれぞれ発売した。持田製薬が医療用医薬品として製造販売する高脂血症・閉塞性動脈硬化症治療剤「エパデール」をOTC医薬品に転用した“スイッチOTC”で、有効成分EPA(イコサペント酸エチル)を1回分1包に600mg含有する。

 使用の対象となるのは、健康診断などで血中中性脂肪値が150~300mg/dlと指摘された人で、まだ治療を始めていない人や、過去に脂質異常症(高脂血症)と診断され治療を行っていたが、現在は治療を継続していない人など。

 同製品のスイッチOTC化に際しては、日本医師会が「症状がわかりにくい生活習慣病の治療を患者自身の判断に任せるのは危険」と反対姿勢を見せるなど、市販の承認・販売開始までに幾度となくブレーキがかかった。そのため、今回の販売には、全国発売を前に薬局・薬店で適正な販売ができるかを見るため、厚生労働省から課せられた適正使用調査を伴う。そのため、販売は、薬剤師研修会に出席した販売認定薬剤師のいる薬局・薬店に限定される。大正製薬と日水製薬両社で合計300例のデータを収集、8月以降に調査結果をまとめる予定だ。

 大正製薬「エパデールT」の販売店についての情報は同社のサイト (http://www.taisho.co.jp/epadel-t/)から。日水製薬「エパアルテ」は、同社の下位組織「健康創造未来研究会」会員の薬局・薬店で販売する。

 「エパデールT」は42包5800円、「エパアルテ」については42包5800円と84包1万1600円。20歳以上で、健康診断などで指摘された境界領域(150mg/dl以上300mg/dl未満)の中性脂肪値の改善に。1日3回、食後すぐに1包を服用する。

(日経ヘルス、堀田恵美)

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ