• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

資生堂薬品、二の腕などのブツブツやカサカサを改善する
医薬品クリームを「フェルゼア」ブランドから発売

2013年3月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「二の腕などのブツブツ、カサカサを改善する」と、“二の腕”という特定の部位をクローズアップした市販薬(OTC医薬品)が相次いで登場している。ロート製薬が3月22日に発売したのに続き、資生堂薬品が、二の腕などにおこるサメ肌を改善するクリームタイプの外用治療薬「フェルゼア レチノバイタル クリーム」を、6月1日に発売する。

 2011年度のハンド・ボディーケア市場規模は585億円(インテージ調べ)。市場は堅調に伸長しており、中でも部位別・シーン別に対応した外用薬が好調なことから、未開拓分野の“二の腕”市場への参入を計画。
 
 フェルゼアは、1988年に乾燥に悩む人向けに、尿素配合クリームを中心とした、同社のロングセラーブランド。2008年に発売し、すでに終売している「フェルゼア レチノバイタルクリーム」は、手指のあれ・角化症治療薬として、有効成分の尿素20%とレチノール誘導体を配合していたが、その商品を応用し、今回の商品開発につなげた。

 同社が10~50歳代女性8713人に実施したアンケート調査によると、これまで二の腕にできるブツブツ・カサカサに悩んだ経験のある女性は多く、特に10~30代は3人に1人以上。さらに、二の腕部分の肌症状が気になる20~44歳女性210人に尋ねたところ、7割以上がボディーローションやクリームを使っても効果を実感できず、満足していないという結果を得たという。

 同社によれば、サメ肌と呼ばれる症状には、毛孔性角化(もうこうせいかくか)や魚鱗癬(ぎょりんせん)といった疾患がある。毛穴に角栓が詰まって皮膚表面が角化する毛孔性角化によるブツブツ解消に皮膚のターンオーバーを促すレチノール誘導体を、乾燥などが原因で起こる魚鱗癬のカサカサ解消には角層軟化、角層の水分を保持する尿素を有効成分として配合する。

 そのほか、炎症を鎮めるグリチルリチン酸二カリウム、血流を改善し、肌の新陳代謝を助けるトコフェロール酢酸エステルなどの有効成分を配合。ラベンダー調の微香性タイプ。

「フェルゼア レチノバイタル クリーム」30g、1155円(編集部調べ)、第3類医薬品。サメ肌、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、老人の乾皮症、手指のあれに。1日に数回、適量を患部にすりこむ。6月1日から全国の薬局・薬店にて販売。

(日経ヘルス、樋口晶子)

関連記事:
3.5人に1人が悩んだことがある!?
ロート製薬、「サメ肌」改善薬を発売
http://nhpro.nikkeibp.co.jp/article/nhpro/20130304/147201/

白澤 淳子=日経ヘルス

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ