• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

資生堂、毛髪の色・ツヤがメラニン流出で低下することを明らかに
メラニン流出を抑制する「カチオン性ポリマー」を開発

2012年7月5日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 資生堂は、毛髪がダメージを受けると毛髪内にある毛髪メラニンが流出し、空洞化した穴「毛髪メラニンホール」ができることで、髪の色やツヤが低下して美しさが損なわれることを明らかにし、6月27日に発表した。

 毛髪は、直径約100μmの円柱状の形をしており、表面はキューティクルが重なり合い、内側のほとんどを占めるコルテックス、中心部にメデュラがあり、三つの層からできている。毛髪メラニンはこのうちコルテックス内に存在し、髪や頭皮を紫外線から守る役割を持つ。特にアジア人の黒髪は黒褐色のメラニン量が多い。

 毛髪は、紫外線、ドライヤーの熱、ヘアカラーなどによって日々ダメージを受けている。そのたびにメラニンが分解され、分解したメラニンはシャンプーで溶出し、毛髪内部には空洞化した「毛髪メラニンホール」が発生する。こうした穴はメラニン色素の多い黒髪では、顕著に発生するという。そこで同社は、毛髪メラニンが分解、流出することによって、髪の美しさがどのように変化するかを研究した。

 研究では、3つの毛髪について比較した。具体的には(1)長時間ブリーチした毛髪、(2)長時間ブリーチした後、洗髪してメラニンを流出させた毛髪、(3)長時間ブリーチした後、洗髪せずに再度短時間ブリーチした毛髪ーーだった。

 すると、(2)の長時間ブリーチ後に洗髪した毛髪は、色がくすみ、ほかの二つの毛髪に比べ、ツヤが低下していることがわかった。つまり、洗髪の方が、短時間のブリーチに比べ、髪の美しさを損ねていた。その原因は、洗髪によって毛髪メラニンが流出して「毛髪メラニンホール」ができ、それによって髪に当たる光を乱反射させてツヤを低下させていることだと判明した。なお長時間のブリーチは、一般的なブリーチ剤を使用した場合の30分間に相当し、短時間のブリーチは、2~3分間に相当するという。

 同社は、今回の研究結果を基に、毛髪メラニンの流出を抑える効果の高い「カチオン性ポリマー」と、「毛髪メラニンホール」を補修して散乱光を抑える「塩基性アミノ酸」を見出した。それらの成分は、美容室専用のヘアケア商品「THE HAIR CARE アクアインテンシブ」シリーズ(8月22日発売)に配合。今後も同社のヘアケア商品に活用する予定だという。

(日経ヘルス、菅原由依子)

白澤淳子(ヘルス)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ