• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレーニングを通常の5割増し
体重3kg減で、撮影に臨みました

プロフィール
しのはら・りょうこ
1973年8月13日生まれ、群馬県出身。90年、「東京パフォーマンスドール」の一員としてデビュー。94年、『恋しさとせつなさと心強さと』が200万枚の売り上げを記録。2001年以降、女優業を中心に活躍。ドラマ『anego~アネゴ』『アンフェア』『ハケンの品格』『ラスト♡シンデレラ』、映画『アンフェア the movie』『アンフェア the answer』など、多くの主演作を持つ。2005年、第31回放送文化基金賞出演者賞。2007年、第44回ギャラクシー賞個人賞を受賞。9月5日から主演映画『アンフェア the end』が全国東宝系にてロードショー。

 主演する『アンフェア』シリーズが5日公開の映画『アンフェア the end』でついに完結する。テレビドラマからスタートし、31~41歳までの10年をこの作品と共に歩んできた。ヨガや、筋トレを続けてきた一つの理由はアクションを伴う役柄であり、父親を殺した犯人を探すうちに闇の権力に戦いを挑むようになった女性刑事・雪平夏見のことが、常に頭の中にあったからだ。

 「今回はクランクインの約2カ月前から、トレーニングを通常の5割増しに。体重を約3kg落として撮影に臨みました」

 撮影が午後からの日には、午前中、ヨガでしっかりストレッチして現場入りした、とも。

 「この期間の人生そのものを幸せに築くことができたのは、この作品に運をいただいたからのような気がしています」

 そんな篠原さんの発案で、作品の冒頭とラストには裸のシーンが生まれた。「全身のカットは一発OK(笑)」。そして、寄りのカットの印象的な笑み。人を信じぬき、すべての謎が明かされた後に雪平夏見が到達するこの表情が意味するものは、深い。

 さて、最近うれしかったことは? 「この夏、旅したハワイで、海に足をつけているだけで、感じた心のデトックス。そして、映画の公開が近づくにつれ、みなさんに愛されている実感が深まっていること」。そんな篠原涼子はやっぱり美しい。

取材・文/なかおちぐさ
撮影/石倉和夫

編集部からのお知らせ

  • <お詫びと訂正>日本整形外科学会、日本足の外科学会による『外反母趾診療ガイドライン2014』では、「外反母趾角」はX線写真で測定するものとしており、足の輪郭から判定することはできません。日経ヘルス2018年7月号113ページの本文中、足の輪郭から16度以上は注意が必要とありますが、これはX写真による外反母趾角とは目安の数値が異なり、またあくまで簡易的なものです。訂正してお詫びします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年6月号95ページ掲載の商品「アイナソープ400」で、「グリコール酸1%配合」とあるのは、「グリコール酸4%配合」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年5月号65ページ、肝臓に影響を与えにくい量の説明文で、「体重×0.1」「体重の10%」とあるのは、「体重×0.01%」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。

Topics

新着情報

11月18日更新

新着情報の一覧を見る

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ