• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夏も、靴下の重ねばきとムートンスリッパで冷えとは無縁。
ヨガで“深い呼吸”を習得中です

プロフィール
よしだ・よう
福岡県出身。1997年、小劇場で舞台女優としてデビュー。2007年からテレビ、映画などでの活動をスタート。以来、数多くの作品で活躍。2015年の出演作に、映画『ビリギャル 学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』『脳内ポイズンベリー』『愛を積むひと』、ドラマ『ウロボロス~この愛こそ、正義。』『木曜時代劇 風の峠~銀漢の賦~』『ドS刑事』『3つの街の物語』ほか、ナレーションを担当した映画『アリのままでいたい』がある。現在、出演映画『HERO』が公開中。連続ドラマ『恋仲』(フジテレビ系、月曜21時~)にも出演。

 今年、放送された出演ドラマがすでに5本。映画は、公開中のものを含めて4本。超多忙だが、いたって健やかな毎日を送っている。健康管理の要は、「冷えとり健康法」という。

 「頭寒足熱(ずかんそくねつ)が基本です。足元はシルク→綿→シルク→綿の順に靴下を4枚重ねばき。冬は綿をウールにチェンジします」。インタビュー中の足元に目をやると、さらにムートンのスリッパを履いている。「ハイ、これも年中です。冷房で足元が冷える夏こそムートンです」。

 38℃ほどのぬるめのお湯に最低30分、時間が許せば「2時間つかりっぱなし」という半身浴も日課。「手をお湯につけなければ、長くつかっていられます」。

 最近、ヨガを始めた。

 「忙しいと呼吸が浅くなって、イライラの原因にも。深い呼吸を習得しようと思って始めました。心が整っていれば、少々体が疲れていても大丈夫」。

 今年の「納豆クイーン」に選ばれるなど私生活への注目も高まるが、意外にも、素の自分には全く自信がなく、「役というフィルターを付けることで、やっと存在できる」のだそう。「ありのままでいられる人にあこがれます。私、ええ格好しいで自分が持っている以上のものを見せようと頑張っちゃうから」。そこから生まれる“煌(きらめき)”に、見る側は今後も魅せられそうだ。

取材・文/なかおちぐさ
撮影/石倉和夫

編集部からのお知らせ

  • <お詫びと訂正>日本整形外科学会、日本足の外科学会による『外反母趾診療ガイドライン2014』では、「外反母趾角」はX線写真で測定するものとしており、足の輪郭から判定することはできません。日経ヘルス2018年7月号113ページの本文中、足の輪郭から16度以上は注意が必要とありますが、これはX写真による外反母趾角とは目安の数値が異なり、またあくまで簡易的なものです。訂正してお詫びします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年6月号95ページ掲載の商品「アイナソープ400」で、「グリコール酸1%配合」とあるのは、「グリコール酸4%配合」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年5月号65ページ、肝臓に影響を与えにくい量の説明文で、「体重×0.1」「体重の10%」とあるのは、「体重×0.01%」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。

Topics

新着情報

11月20日更新

新着情報の一覧を見る

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ