• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

たとえ、恥をかいても演じ手として前へ進みたい。
この春は、ちょっと「切ない女」を演じます

プロフィール
きちせ・みちこ
1975年2月17日生まれ、福岡県出身。モデルとして活躍後、2007年、女優に転身。2011年、エランドール賞新人賞受賞。主演作に、ドラマ『ハガネの女』シリーズ、映画『死刑台のエレベーター』など。近年の出演作に、映画『ガール』『草原の椅子』、ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』『リーガルハイ・スペシャル』『オリエント急行殺人事件』など。4月から、連続ドラマ『Dr.倫太郎』(日本テレビ系)に出演。初の著書『幸転力』(小学館)が好評発売中。
公式ホームページ http://www.flamme.co.jp/MichikoKichise/

 昨年、高視聴率を記録した連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』では、積極的に不倫を続ける滝川利佳子を演じながら、女性から熱い支持を得た。

 その撮影に入る直前、「台本が面白くて。出産後、予定より早くドラマ復帰することにしました。でも、次のドラマまでは間が空くと思います(笑)」と話していた吉瀬さん。

 それから約9カ月……。4月スタートのドラマ『Dr.倫太郎』で倫太郎(堺雅人)の幼なじみで同僚の外科医・水島百合子を演じる。

 「今回も予定より早く出演させていただくことになりました(笑)。脚本が中園ミホさん、監督が、私が大好きで見ていたドラマ『Mother』も手がけられている水田伸生さん。お二人のお名前を聞いただけで、即決です。これをやらないと次のステップに行けない。演じ手としては、一歩でも前に進みたい。恥をかくかもしれないし、すごいエネルギーを使うと思うけど、やるしかないという心境です」

 演じる役柄の女性像は、前作とは大きく異なる。

 「百合子は、倫太郎をいつも側で支えなきゃ、守らなきゃと思っています。百合子には好意があるけど、倫太郎は全く……。監督には、一番切ない役だといわれました」

 ちなみに、ドラマに出演しているときのメイクは、本誌で教えてくれたベースづくりで自分で行うのだとか。そこも要チェックだ。

取材・文/なかおちぐさ
撮影/石倉和夫

編集部からのお知らせ

  • <お詫びと訂正>日本整形外科学会、日本足の外科学会による『外反母趾診療ガイドライン2014』では、「外反母趾角」はX線写真で測定するものとしており、足の輪郭から判定することはできません。日経ヘルス2018年7月号113ページの本文中、足の輪郭から16度以上は注意が必要とありますが、これはX写真による外反母趾角とは目安の数値が異なり、またあくまで簡易的なものです。訂正してお詫びします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年6月号95ページ掲載の商品「アイナソープ400」で、「グリコール酸1%配合」とあるのは、「グリコール酸4%配合」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年5月号65ページ、肝臓に影響を与えにくい量の説明文で、「体重×0.1」「体重の10%」とあるのは、「体重×0.01%」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。

Topics

新着情報

11月19日更新

新着情報の一覧を見る

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ