• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今日は寝ると決めたら
ほかのことは全部あきらめてでも7時間睡眠を確保します!

プロフィール
ふかだ・きょうこ
1982年11月2日生まれ、東京都出身。96年ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞しデビュー。98年、ドラマ『神様、もう少しだけ』のヒロイン役で注目を集める。第28回日本アカデミー賞優秀主演女優賞(映画『下妻物語』)ほか、受賞歴多数。近年の主演ドラマに『サイレント・プア』『女はそれを許さない』。出演映画『ルームメイト』『超高速! 参勤交代』など。サーフィン中の姿を披露した最新写真集『Down to earth』、2015年版カレンダーも好評発売中。1月31日には、映画『ジョーカー・ゲーム』が公開。www.horipro.co.jp/fukadakyoko/

 主演で、ちょっと頼りなさげな駆け出し弁護士を演じた『女はそれを許さない』(12月まで放送)の撮影が終わるとすぐに、ヒロインを務める1月クールの連続ドラマ『セカンド・ラブ』の撮影に入った。

 撮影中の生活は慌ただしい。「朝起きたら、メロン(7歳になるティーカッププードル)がちゃんと朝ご飯を食べ終わるまで見守っていて。その後、戻るまでの餌をセットして。大急ぎで着替えて、小走りで出発です。朝は、現場に持っていくフルーツを用意する以外、自分のことはなにもできません(笑)」

 セリフの多くは現場や移動中の車の中で覚えるのだという。

 理由は、「自宅では、少しでも多く寝たいから」。ドラマの撮影期間でも、理想とするのは7時間睡眠。その確保のために身に付けたのが「あきらめること」。

 「今日は寝ると決めたら、お風呂の時間を短縮するとか、睡眠以外のことは全部削って。あきらめます」

 どうやら、たっぷりの睡眠が、この人のナイスバディと美肌の源のようだ。

 新年の抱負を聞くと「人間としても女優としても一歩でも前に進みたい。どんなことでも一歩も後退するのはイヤなんです」とキッパリした答え。柔らかな雰囲気の下には、子供のころから水泳で培った強い意志がある。

 「役を演じることは試練」とも話す彼女が、恋愛ドラマの名手・大石静が手がける「昼メロよりもスキャンダラスで切ない」新ドラマのヒロインをどう体現していくか楽しみだ。

取材・文/なかおちぐさ
撮影/石倉和夫

編集部からのお知らせ

  • <お詫びと訂正>日本整形外科学会、日本足の外科学会による『外反母趾診療ガイドライン2014』では、「外反母趾角」はX線写真で測定するものとしており、足の輪郭から判定することはできません。日経ヘルス2018年7月号113ページの本文中、足の輪郭から16度以上は注意が必要とありますが、これはX写真による外反母趾角とは目安の数値が異なり、またあくまで簡易的なものです。訂正してお詫びします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年6月号95ページ掲載の商品「アイナソープ400」で、「グリコール酸1%配合」とあるのは、「グリコール酸4%配合」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年5月号65ページ、肝臓に影響を与えにくい量の説明文で、「体重×0.1」「体重の10%」とあるのは、「体重×0.01%」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。

Topics

新着情報

11月15日更新

新着情報の一覧を見る

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ