• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

最近は、酵素を意識!
自分を大事にする努力は自信につながります

プロフィール
あやせ・はるか
1985年3月24日生まれ、広島県出身。2000年、デビュー。2004年『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロインを演じ、注目される。2009年、映画『おっぱいバレー』で、ブルーリボン賞主演女優賞、日本アカデミー賞優秀主演女優賞などを受賞。近年の主演作に、NHK大河ドラマ『八重の桜』、映画『リアル~完全なる首長竜の日~』など。2013年のNHK紅白歌合戦では紅組の司会を務めた。5月31日から、主演映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』が公開される。本人の公式サイトは、
www.horipro.co.jp/talent/PF061/

 「ジムのトレーナーさんから『綾瀬さん、少しナルシストになりましょう。シワシワのTシャツもダメですよ』っていわれて(笑)」。以来、Tシャツを洗ったらシワを伸ばして干して「いい香りでパリッと乾くと、すっごい幸せ」とか。

 「でも、ナルシストになるのは難しい……」とチャーミングな困り顔。

 とはいえ、健康管理の面では「いつも自分を大切に」がモットーだ。

 「最近は朝、何種類かのフルーツや生野菜を食べたり。グリーンスムージーを飲んだりして、食事から酵素を意識的にとっています。体内の酵素づくりにはたんぱく質も大事だから、ハチミツを入れたホット豆乳も!」健康情報の収集にも積極的だ。

 「肌や体の調子がいいと、自信がもてるし。そのために努力すること自体、『自分はちゃんとやってる』という自信につながる気がします」

 今月、主演映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』が公開される。役柄の天才鑑定家・莉子は、自身と重なる、柔らかさと凛とした雰囲気を併せ持つピュアな女性。鑑定に臨む際には、膨大な知識と直感力を武器にスイッチが切り替わる。その絶妙さに、女優魂が見てとれる。

取材・文/なかおちぐさ
撮影/石倉和夫

編集部からのお知らせ

  • <お詫びと訂正>日本整形外科学会、日本足の外科学会による『外反母趾診療ガイドライン2014』では、「外反母趾角」はX線写真で測定するものとしており、足の輪郭から判定することはできません。日経ヘルス2018年7月号113ページの本文中、足の輪郭から16度以上は注意が必要とありますが、これはX写真による外反母趾角とは目安の数値が異なり、またあくまで簡易的なものです。訂正してお詫びします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年6月号95ページ掲載の商品「アイナソープ400」で、「グリコール酸1%配合」とあるのは、「グリコール酸4%配合」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。
  • <お詫びと訂正>日経ヘルス2018年5月号65ページ、肝臓に影響を与えにくい量の説明文で、「体重×0.1」「体重の10%」とあるのは、「体重×0.01%」の誤りでした。みなさまにお詫びし、訂正いたします。

Topics

新着情報

11月20日更新

新着情報の一覧を見る

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ