• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP


演じていて楽しい、その気持ちを大切にしたい

プロフィール
たけうち・ゆうこ
80年生まれ、埼玉県出身。96年に女優デビュー。99年NHK連続テレビ小説『あすか」ヒロインで注目を集め、ドラマ、映画などで幅広く活躍。13年10月期連続ドラマ『ダンダリン 労働基準監督官』(日本テレビ)で主演を務め、12月29日には三谷幸喜監督・脚本によるドラマW『大空港2013』(WOWOWプライム)、来年1月には松本清張ドラマスペシャル「黒い福音」(テレビ朝日)が放送予定。

 長かった髪をバッサリと切った竹内結子さん。「髪が長いときは長いなりに楽しみ方があったのですが、短くして気持ちがスッキリしたように思います」という。

 13年も主演ドラマ、映画などを多数こなしてきた。12月29日に放映される三谷幸喜監督・脚本の『大空港2013』では、「完全ワンシーン・ワンカット」ドラマに挑戦。空港を舞台に、メインキャスト12人とエキストラ、スタッフが入れ替わり立ち代わり、最後までカットせずに撮影された。

 本作は実際に舞台となる松本空港で撮影が行われ、本番は空港業務が始まる前の1回のみ。「NGは出せない、撮影中の映像に、余計なものが映り込んでもいけない、そんな緊張感が漂うなか、スタッフもキャストもみんなが一丸になって取り組むことができたと思います」

 三谷監督とのタッグは3作目となるが、「完璧な台本が来たのは、松本入りの前日(笑)。本番でも予期せぬ“爆弾”を仕込んでくるし、役者としての瞬発力と体力が問われました。でもとてもワクワクしたし、これは、三谷さんだからこその作品だと思います」と絶大な信頼を寄せる。

 近年は刑事、グランドアテンダンドなど様々な職種を演じる機会も多い。連続ドラマ『ダンダリン 労働基準監督官』では堅い意志のもとに猪突猛進、周囲を巻き込んでいく段田凛を熱演した。

 「今まで人に合わせたり、受け止める役が多かったので、振り回す側に回って新鮮。実際にやってみると、楽しさだけじゃない難しさも感じたので、今後もっと様々な役柄を演じてみたくなりました」

 新しい経験を経た竹内さんの今後の姿が楽しみでならない。


写真/舞山秀一
スタイリング/宇都宮いく子
ヘア&メイク/ケラミキ
取材・文/熊 介子

編集部からのお知らせ

  • <お詫びと訂正>日経WOMAN2018年10月号p.102の読者発!やってよかったおトク情報の記載に「ふるさと納税で保育料を安く」とありますが、実際にはふるさと納税をしても保育料は安くなりません。また、同号p.107の出産手当金に関する記述で、「75週以降の流産、死産も対象」とあるのは、正しくは「妊娠85日以降の流産、死産も対象」でした。お詫びして訂正いたします。

Topics

読者会員組織 日経ウーマン・クラブ

◆ポイント確認は⇒こちら

お問い合わせフォーム

WOLメルマガ登録

新着情報

11月21日更新

新着情報の一覧を見る

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ