• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

40代からの性の悩みQ&A

尿漏れが気になるなら。5分で即効のエクサ!「膣ゆる」にも効く

2015年9月27日

尿漏れ・「膣ゆる」対策に新・骨盤底筋エクサ!リズミカルな弾む運動が効く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 40代の3人に1人は経験しているといわれる尿漏れ。原因は骨盤の「底」で内臓を支えている「骨盤底筋」のゆるみ。筋電図で調べて開発された、新・骨盤底筋エクサなら、簡単で効率的に骨盤底筋を鍛えられ、膣のゆるみも改善します。

【新事実】スキップのような弾む動きが骨盤底筋に効く!
ランニング、ジャンプ、スキップについて、骨盤底筋への刺激を無線式の節電計を使って比較した。スキップは基準値の10.1倍に。被験者は55歳の女性。
Neurourol. Urodyn.;31,2,210-289,2012

 「尿漏れ」や「膣ゆる」対策として効果が確認されている骨盤底筋エクササイズですが、従来のものは骨盤底筋だけを動かす方法でした。しかしそれでは、筋肉の収縮が少なく、どこを意識すればいいのかが分からなくて、難しいと感じる人がほとんどでした。

 そこで開発されたのが新・骨盤底筋エクサの「ピフィラティス」。尿失禁手術を手がける米国の婦人泌尿器科医師、ブルース・クロフォード氏が、約120種のエクササイズについて、骨盤底筋の筋電図を測定し、より効果が高い10種を厳選。その測定結果から、特に「スキップ」のような体をリズミカルに上下させる動き「パルス運動」がいいことが判明しました。ピフィラティスにはこの「パルス運動」が含まれています。

 また、腹横筋、殿筋、内転筋という、骨盤底筋の「協働筋」を使うのもポイントです。協働筋とは、意識しなくても一緒に収縮する筋肉のこと。ピフィラティスは協働筋を動員するエクササイズなので、実践しやすく、骨盤底筋を意識しなくてもいいのです。しかも、骨盤底筋の収縮は従来法に比べて、35.7%もアップします。

 ここで紹介するエクササイズは、簡単な動きばかりです。骨盤底筋は、息を吐くときにより収縮するので、「パルス運動」をする際は息を吐きながら体を上げましょう。1日5~10分のピフィラティスで、突然強い尿意を感じる「過活動膀胱」の80%の人で排尿回数が減少。咳やくしゃみなど腹圧上昇に伴う尿漏れの「腹圧性尿失禁」では、手術が必要なレベルの人の70%が手術を回避できたというデータが米国で報告されています。(武田淳也さん)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ