• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンド(TGS2015)

ゲームからカラオケまで!VR(バーチャルリアリティ)ってこんなに楽しい!

2015年9月18日

VRに沸くゲーム業界、ハードとソフトがそろい始める【東京ゲームショウ2015】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ゲーム業界の世界最大級の展示会「東京ゲームショウ 2015」が2015年9月17日、開幕した。今年の見所の一つは、VR(仮想現実感)ゲームである。昨年の東京ゲームショウでもVRゲームが注目を集めたが、VR向けヘッドマウントディスプレー(HMD)が中心だった。今年はこうしたハードウエアに加えて、VRコンテンツがそろい始めている。比較的安価なVR用HMDの開発者版が2013年に出始めてから2年近く経過し、VRコンテンツの開発が進んだかたちだ。

 中でも、10種類ものVRコンテンツをそろえたのがソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)だ。ゲームだけでなく、カラオケやアニメーションなど、バラエティーに富んでいる。

 SCEは東京ゲームショウに合わせて、2016年上半期に発売予定のVR用HMDの製品名を明らかにした。その名称は、「PlayStation VR」。「PlayStation」と「VR」という非常にシンプルな名称を付けることで、「プレイステーションプラットフォームのVRデバイス」ということがすぐに分かる名称にした。これまでは、開発コード名「Project Morpheus(プロジェクトモーフィアス)」と呼ばれていた。

SCEのブースの「PlayStation VR」コーナー
PlayStation VRでカラオケコンテンツを楽しむ人
「Project Morpheus」改め、PlayStation VRの試作版

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ