• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンド(TGS2015)

女性にも!スマホゲームの新潮流、ファンタジーゲーム

2015年9月18日

人気シリーズの続編が注目、スマホはファンタジーゲームが新潮流!【東京ゲームショウ 2015】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 今年は1200以上のタイトルが出展されたているが、やはり人気はシリーズ作の新作や派生タイトルだ。ここ数年の傾向でもある続編人気は、今年も健在。なかでも注目タイトルは、カプコンの『モンスターハンタークロス』だ。新作が出展されるたびに人気を集める鉄板タイトルだけに、今年も大きな注目が集まる。

 9月15日にプレスカンファレスを開催したSCEのブースでは、PS4タイトル21作とPS Vitaタイトル7作の試遊を用意。世界的なヒットシリーズ最新作『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』の6対6対戦や人気作『Bloodborne』の新ダウンロードコンテンツ『Bloodbore The Old Hunters』など、こちらもシリーズ最新作が中心だ。そのほかの国内コンシューマーメーカーも、『モンハン』をRPGにした『モンスターハンターストーリーズ』、オンラインゲームになった『バイオハザード アンブレアコア』、スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエスト ビルダーズ』、10月6日スタート予定のKONAMIの『メタルギアオンライン』など、シリーズを楽しむファンを取り込みつつ、新規ユーザー獲得を狙う派生タイトルが多く出展されているのも今回の特徴だ。

 原作モノのタイトルも多いが、エレクトロニック・アーツの『スターウォーズ バトルフロント』にも、試遊に初日から長い行列ができた。新作映画公開に先駆けて11月19日に発売されるが、映画で人気だったキャラやメカが登場することもあり、ブース内で流れる迫力のゲーム映像にも注目が集まりそうだ。

カプコンブースの『モンスターハンタークロス』のコーナーでは、初日のビジネスデーから多くの人が列を作って体験した
ソニー・コンピュータエンタテインメントのブースでは、PS4とPS Vitaの試遊に加えて、「Playstaion VR」のタイトルも体験可能。サードパーティのタイトルも含めて、多くの発売前のゲームを用意
KONAMIブースでは、同社の看板タイトルである人気スポーツゲームと『メタルギアオンライン』の対戦を用意

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ