• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トレンド(TGS2015)

日本ゲーム大賞に選ばれたのは、みんな知ってるこれだった!

2015年9月18日

日本ゲーム大賞は『妖怪ウォッチ2』シリーズが受賞!【東京ゲームショウ2015】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 幕張メッセで開幕した「東京ゲームショウ 2015」初日の9月17日、イベントステージにおいて「日本ゲーム大賞 2015」(主催:コンピュータエンターテインメント協会)の経済産業大臣賞と年間作品部門の発表と授与式が開催された。

イベントステージで催された「日本ゲーム大賞2015」の様子
司会進行は今年もタレントの伊集院光さんと前田美咲さんが務めた

 同部門では、2014年4月1日から2015年3月31日までに国内でリリースされたタイトルを対象に、2015年4月6日から7月17日までの期間で一般ユーザーからの投票を実施。選出された948タイトルの中から、日本ゲーム大賞の選考委員による審査を経て、年間を代表するにふさわしい作品を選出した。

 ゲーム産業の発展に寄与し、裾野を広げた作品に与えられる経済産業大臣賞は、ソラの桜井政博氏が受賞した。これまで長年にわたり手がけた数多くの作品は世界中で多数の売り上げを獲得。代表作である『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズでは、メーカーの垣根を越えてさまざまな人気キャラクターを登場させることで、1つの作品を通じて数多くの作品の魅力を伝えた。さらには日本ゲーム大賞 ゲームデザイナーズ大賞の審査委員長を務めるとともに、ゲームの持つ魅力を伝える多岐にわたる活動を通じて産業の発展に貢献した点を評価されての受賞となった。

『星のカービィ』シリーズや『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズなど数多くのヒット作品を生み出したソラの桜井正博氏が経済産業大臣賞を受賞した

■年間作品部門

 年間作品部門では以下の作品が受賞となった。

●グローバル賞 日本作品部門
・『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』(任天堂)

●グローバル賞 海外作品部門
・『Call of Duty: Advanced Warfare』(ACTIVISION / SLEDGEHAMMER GAMES)

●ベストセールス賞
・『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』(レベルファイブ)

●特別賞
・『MINECRAFT』(日本マイクロソフト)
・『モンスターストライク』(ミクシィ)

●ゲームデザイナーズ大賞
・『Ingress』(Niantic, Inc.)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ライフ恋愛・結婚人間関係の悩みお買い物・節約術整理・収納ファッショングルメエンタメ旅行・お出かけ暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ