• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

成功した女性に学ぶ、仕事で認めてもらう秘訣!

2015年9月18日

自信がないときも、ぶれない心の軸を大切にしよう(第147回)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

こんにちは。著述・翻訳家の上野陽子です。「あなたを強くする今日の名言」では、毎回、毎日の生活に元気がもらえる著名人の言葉を紹介しています。今回は世界のファッショニスタで、『プラダを着た悪魔』の鬼編集長のモデルとなったアナ・ウィンターの言葉から。心の持ち方を学べます。




自分の内面をよく見て、自身の強さを知ること。
そして「私は今の自分を誇りに思うし、
これからも自分らしくあるつもりよ」というの。

You really have to look inside yourself and find your own inner strength, and say, 'I'm proud of what I am and who I am, and I'm just going to be myself.'



アナ・ウィンター
Anna Wintour


編集者(1949年~ )
イギリス出身のファッション雑誌編集者。アメリカ版『ヴォーグ』の編集長を務め、小説『プラダを着た悪魔』に登場する鬼編集長のモデルとなった人物とされる。ファッション界への貢献が評価され、大英帝国勲章を授与されている。

 高校を卒業後、「ルールなんて壊して、私が社会を変える」という信念をもとに雑誌編集のアシスタントとして働きだしたアナ。上司と衝突して編集者を首になったこともありながら、『NEW YORK』などさまざまな雑誌を手掛けるようなります。そして『VOGUE』のクリエイティブ・ディレクターに就任し、3年で編集長にのぼりつめました。

 冷たい人間で無愛想だと言われ、非情、仕事の鬼、冷酷な天才……そんなイメージがまとわりついて一人歩きしても気にせず、人並み外れた努力をしたと言います。

 強くあるために必要なことを、アナはこう語ります。
 「自分の内面をよく見て、自身の強さを知ること。
 そして『私は今の自分を誇りに思うし、これからも自分らしくあるつもりよ』と言うの」

 アナも自分の発言に自信が持てないときもあるようで「まったく自信が持てないときでも、自分の言ったということや決定したことだけは、わかっている」と言っています。

 優柔不断には嫌悪を示し、自分の決断には責任を持つ。
 年齢も経歴も関係なく、大切なのは態度や考え方である……。

 仕事のベースになるのは努力と、内面の強さを軸にして人に左右されないぶれない芯を作ること。アナほどでなくとも、必ず誰もが持つ強さを引き出すことが、やがて自信につながりそうです。

【ひとことサプリ】
 自分の中の強さを軸に、
 ぶれない、ゆるがない芯を持って自信につなげよう

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ