• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

座りっぱなしNG! 太る原因はカロリー過多よりも「動かないこと」!?

2015年9月17日

デスクワーク中心の生活はダイエットの大敵! 小さな運動を積み重ねよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「25歳からのメディカル・アンチエイジング」のコーナーへようこそ。慶応義塾大学医学部教授・坪田一男です。

 今回は、よく太る原因に挙げられる「食べ過ぎ」と「運動不足」、どちらがどのくらい影響しているかというお話です。

肥満の増加には「体を動かさない生活」が影響している

 2014年に発表された米国の全国健康栄養調査のデータを解析した報告によると、1988年から2010年にかけて、米国人のBMI(体格指数)は年平均で0.37%ずつ増えていました。腹囲も女性で0.37%ずつ増え、特に18~39歳の若い女性で顕著に肥満が増加していました。

 この間、摂取カロリーと栄養素のバランスはほとんど変化しなかったのに対して、「余暇に全く体を動かさない」人の割合は女性で19.1%から51.7%へと大幅に増えていました。余暇に全く体を動かさない女性は、活動的な女性に比べてBMIも8.3%高く、BMIと摂取カロリーの相関は見られませんでした。

 つまり、最近の20年での米国の肥満の増加は、食べ過ぎによる過剰なカロリーではなく、体を動かさないライフスタイルとの関係が示されたということ。1970年代から2000年頃までの過去の解析では、摂取カロリーと肥満の間に相関があり、カロリー制限が重要でないわけではありません。

 ただ、今回の結果は、米国の肥満増加が動かない生活による運動不足の影響を受けるようになってきているという変化を示しているのかもしれません。日本は米国と全く同じ状況ではありませんが、似たような傾向を示す可能性は十分に考えられます。

座っている時間が長いと運動しても太る!?

 「体をほとんど動かさない状態」のことを「セデンタリー」といいます。1日中座りっ放しで体を動かさない生活(セデンタリー・ライフスタイル)のリスクは、以前、この連載でもご紹介しましたが、詳しくは拙著『1日6時間座っている人は早死にする!』(ベスト新書)をご一読ください。

 注意したいのは、たとえランニングやウォーキングなどの運動を習慣にしていても、座っている時間が長ければ長いほど、肥満や生活習慣病のリスクが高くなることです。

 よく誤解されるのですが、「セデンタリー」は「運動」の一部ではなく、それぞれ別の独立した因子として肥満やさまざまな病気に影響します。つまり、「週に1回ヨガに通っているから平日は1日中オフィスで座りっぱなしでも大丈夫」というわけではないのです。「運動」と「セデンタリー」は分けて考えることが大切です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
坪田 一男
坪田 一男(つぼた かずお)
慶應義塾大学医学部教授・慶應義塾大学SFC研究所ヘルスサイエンスラボ代表。1955年東京生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。ハーバード大学留学、クリニカルフェロー修了。2000年より最先端のアンチエイジング医学を学び、医療界に積極的に導入。現在、日本抗加齢医学会理事長、日本再生医療学会理事、学会誌「アンチエイジング医学」の編集長、慶應義塾大学SFC研究所ヘルスサイエンスラボ代表などを務める。南青山アイクリニック手術顧問を務め、眼科専門医による安全なレーシック(近視手術)の提供・指導も行う。『ごきげんな人は10年長生きできる』(文藝春秋)など著書多数。http://www.tsubota.ne.jp/
関連キーワードから記事を探す
ダイエット健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ