• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

意外と知らないお金のキホン

あこがれのウェディングのお値段は?…「結婚・出産」いくらかかる?

2015年9月15日

意外と手厚い給付制度。夫婦で育休なら「パパ・ママ育児休業プラス」も

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。生きていくうえで絶対欠かせないのが、お金。毎日使っている身近なものだけど、意外に知らないことも多いのでは。この連載では、きちんと生活するためにぜひ知っておきたい「お金の超キホン」を、わかりやすくご紹介します。
 今回は、女性にとって人生最大のライフイベント、「結婚・出産」の費用を考えます!

◆登場人物

桜子:新入社員
潤 :入社3年目
絢香:入社7年目の29歳

桜子:最近、学生時代の友人から結婚式の招待状がきたんですよ。やっぱり結婚って憧れますね。

潤:男はそんなにこだわりないけど、女性は結婚式に対する想い入れはすごいですもんね(笑)。僕もこの間友達の結婚式に呼ばれたけど、すごく豪華な式で、お金かかってるんだろうなって思っちゃいました。(笑)

絢香:結婚式ってひとくちにいってもたくさんの招待客を招いてホテルで盛大に行うスタイルから、親、兄弟、親しい友人だけという、ごく内輪だけの挙式、食事会ですませるスタイルもあれば、レストランや一軒家を借りて行うオリジナルウェディング、ハワイやグアムなどでの海外ウェディング…等々、形はさまざまよね。

桜子:そうかー、選ぶスタイルによって費用も全然違いそうですね。

絢香:そうよ。参考までに結婚情報誌『ゼクシィ』の「結婚トレンド調査2014」によると、結婚にかかる費用の平均は、結納・婚約・新婚旅行を含めた結婚費用の全国平均は、436.2万円。その中でも最も大きな割合を占めるのが挙式と披露宴にかかる費用で、全国平均で333.7万円かかっているそうよ。

 そのほか、新婚旅行やお土産代もあるわよね。ハネムーンの平均的な日数は7~8日で、費用は2人分で平均57.9万円程度。さらに、お土産代が平均で11.4万円程度かかっているので、ハネムーンの総額としては約70万円程度になるようよ。

桜子:ちゃんと結婚式を挙げようと思うと結構かかるんですねー。

絢香:さらに、新居への引っ越しの費用なんかもかかってくるから。

 ちなみに私の友達の中には、会費制のパーティーだけ、っていう、わりとジミ婚の人もいたわね。「旅行を豪華にしたい」って。結婚する時の費用って、本当に千差万別よね。

潤:どうやって結婚式の費用貯めたらいいんだろう…。

絢香:あれ、もしかして、潤くん、予定があるのー?

潤:い、いや、予定はないんですが…。

絢香:結婚資金にできるお金は、大きく分けて(1)自分達の貯蓄、(2)親からの援助金、(3)ご祝儀の3つがあるの。2人でどれだけのお金が出せるのか、親から援助がある場合はそれがどのくらいかを考えて、プランを立てることになるわね。

桜子:絢香先輩は、どんな結婚式挙げる予定なんですか~。

絢香:……。私も予定はないわよ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ