• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性のための「医療・健康」の話

あなたは大丈夫? 夏休みが終わったころの“9月病”にご用心!

2015年9月1日

季節の変わり目、「なんとなくだるい…」と思ったときの対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 新社会人や新入生らが、新しい環境で緊張した1か月を過ごし、ゴールデンウイーク明け頃に無気力状態になってしまう“5月病”はよく知られている。最近では同じように9月に心や体の調子を崩すことを指して“9月病”という言葉も聞かれるようになってきた。“9月病”の予防と対処について、精神科医・皆川恵子さんに聞いた。

すなべしょう / PIXTA(ピクスタ)

◆“9月病”を知っていますか?

 “9月病”とは、もともと、夏に長いバケーションをとる欧米などで、休み明けにうまく仕事に復帰できない人が陥る不調を指していたようだ。日本でも、9月は夏休みが明けて仕事や学校が始まる時期。暑い夏に体力を消耗することも影響して、環境の変化についていけずに心や体の調子を崩すことを“9月病”と呼ぶ。医学用語ではないが、急な環境の変化についていけずに、ストレスで心や体が悲鳴を上げている、病気の一歩手前の状態と捉えられるだろう。

 季節の変わり目でもあるこの時期、日照時間が短くなる、気温が下がる、台風が多くなるといった、日本特有の気候も無関係ではないと皆川さんは話す。

 「9月は気候の変動にまつわる心身の不調が起こりやすい時期です。ここ数年、日本の四季が薄れ、春秋がはっきりせずに急に暑くなったり寒くなったりするようになった体感がありますが、特に今年の夏は、都心などでは突然35℃以上が連日続き、猛暑日の記録を更新するほどでした。暑い夏の疲れが、少し涼しくなる頃にどっと出てくることが考えられます」(皆川さん)

 特に9月後半からは、うつ病の人や気分の波の上下が激しい人などの状態が1年で最も悪化しやすく、皆川さんら精神科医の間でも注意を要する時期だという。 

「うつと関係しているセロトニンや、睡眠と関係しているメラトニンなど、脳内の神経伝達物質は日照と関係が深いため、日照時間が明らかに短くなってくる時期は、これらが減りやすいのです」(皆川さん)

 9月後半からは、もともと、うつにつながるような脳の変化が起こりやすい時期なのだ。だからこそ、9月に入ってからの過ごし方も重要だ。無理を続けていると、シルバーウイークが終わった9月末頃にエネルギーが切れて落ち込んでしまうかもしれない。

◆なんとなくだるい、気分が上がらないなどのサインに注意

 “9月病”のサインは以下のような症状に現れる。早めに気づいて対処しよう。


<<体の症状>>
なんとなくだるい
なんとなく頭が重い
胃腸の機能が落ちた(消化不良)
食欲がない
むくみやすい など

<<心の症状>>
気力が上がらない(めんどう、億劫)
不安・イライラ
気分が落ち込む
集中できない
眠れない、朝起きられない など

 やる気が出ない、集中できない、朝起きられないといった症状は、うつ病の初期症状に近い。こうした症状を放っておくと本格的なうつ状態に陥って仕事や生活に支障が出てきてしまう可能性もあるので、不調が1~2週間続くときは心療内科や精神科を受診しよう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
メンタルヘルス健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ