• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

意外と知らないお金のキホン

家を「買う・借りる」あなたにはどっちが合う? おトクの目安「200倍の法則」とは?

2015年9月8日

「買うべきか、借りるべきか」の見分け方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの高山一恵です。生きていくうえで絶対欠かせないのが、お金。毎日使っている身近なものだけど、意外に知らないことも多いのでは。この連載では、きちんと生活するためにぜひ知っておきたい「お金の超キホン」を、わかりやすくご紹介します。
 今回は、「家は、賃貸と購入、どっちがいいか?」を考えます。! これは多くの人が迷うテーマ。金額も大きいだけに、慎重に考えたいところです。どう考えたらいいか、キホンをお伝えします。また、「買った方が得か?」を大まかに判断する目安となる「200倍の法則」もご紹介しましょう。

◆登場人物

桜子:新入社員
潤 :入社3年目
絢香:入社7年目の29歳

桜子:通勤の負担を少しでも減らしたくて会社の近くにアパートを借りたんですけど、家賃高いですよね。

潤:そうだよね。僕も通勤に便利な場所に借りてるけど、毎月の家賃の負担が重いんだよね…。

 家賃払ってても結局自分の家になるわけじゃないし、いっそのこと買ってしまった方がいいのかなって思うんだけど、どうなんですかね?

絢香:昔から賃貸がいいのか、買った方がいいのかって、よく議論されるテーマよね。お金の雑誌などでもよく特集されてるわ。

 でも、結局のところ、(1)これから先、何年生きるかがわからない、(2)将来の住宅価格がどう動くかがわからない、(3)マイホームであることに感じる価値が人によって異なる、ということがあるので、どちらがお得かは一概にはいえないのよね。

潤:確かにそうですよね。賃貸、購入それぞれにメリット・デメリットがあるし。

桜子:賃貸だと、ライフスタイルや家族構成に応じて、住むエリアや間取りを臨機応変に変えたり、古くなったら新しい物件に住み替えができたりしますよね。

 でも、潤先輩が言うように、家賃を払い続けていても自分のものにならないし、自分の好きなように間取りを変えることはできないし、一生家賃を払っていかなくてはいけない…というデメリットもありますよね。

絢香:持ち家は、自分の資産になるところがメリットよね。それに、ローン払い終わってしまえば住居費用がかからないのもいいわよね。

 ただし、持ち家だってローンを払い終わったらお金の負担が全くなくなるかというとそんなことないのよね。何十年も住んでいれば修理しなくてはならないし、税金などの固定資産はかかるし、家族の構成が変わればリフォームだって必要になるから、そのお金が必要になるのよね。

潤:実家は持ち家なんですけど、結構古くなってきてリフォームしてますよ。親も歳をとってきてバリアフリーにしたみたいで、300万円くらいかかってました。

桜子:わー、リフォーム費用って結構かかるんですね。

絢香:それぞれにメリット・デメリットはあるけれど、買うべきか、借りるべきかを決めなければならない場面はあるわよね。人生最大の買い物で失敗しないよう、マイホームを買う前にポイントを押さえておきましょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ