• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食のトレンド発掘隊

いちご味のそうめんって!? 時短クッキングの王道&食べ応えしっかり! 進化系そうめん

2015年8月20日

タイ風、いちご味、脱マンネリ! アッと驚くユニークなそうめん続々

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 残暑が続き、食欲は落ち気味。そして何よりキッチンで長時間料理をするのが面倒に。そんな時の頼れる存在が、昔ながらの夏の風物詩「そうめん」。

 そうめんといえば、だしと醤油ベースの冷たいめんつゆでいただくことが定番だが、最近は市販のめんつゆが驚くほどバラエティに富んでおり、家庭ではなかなか作りづらい本格的な味まで楽しめる。また麺自体も進化しており、野菜や果物を練りこんだカラフルで華やかな変わり麺も人気に。今回はそうめんの「脱マンネリ」を目指すべく、注目の商品をピックアップ!(価格は特記がない限りすべて税抜)。

◆刺激的な「怪味」ソース、ガパオ味ソース!

 新宿中村屋が6月に発売したのが「本格四川 怪味かけソース」。「怪味ソース」は中国の四川省が発祥の混合調味料。甘味・辛味・酸味・塩味・苦味などが調和した奥深い味わいが特徴で、トレンド発掘隊のコーナーでも3月に紹介した、今話題のソースだ。そのままかければ、爽やかな山椒の香りと痺れる辛さで、いつものそうめんが刺激的に大変身!

そうめんや中華麺などの麺類はもちろん、肉料理や揚げ物との相性も良い「本格四川 怪味かけソース」(希望小売価格 220円)。

 カレーが人気の中村屋だが、実は昭和初期から本格的な中国料理も提供してきた。この商品も経験豊富な料理長が、そうめんなどの冷たい麺と合わせた時でも、白胡麻などの豊かな香りや、中国酢の風味ある酸味が損なわれないよう試行を重ねたのだとか。

 辛いものが苦手な人は、マヨネーズを加えるとマイルドになりコクもアップするのでおすすめ! そうめんにかける以外にも、ポテトサラダの隠し味や、唐揚げや野菜のディップとして使えるし、冷奴やサラダといった定番品にかけるだけでメニューの幅も広がるため、キッチンにストックしておくと何かと重宝しそう。新宿中村屋ビル地下1階にある「スイーツ&デリカBonna/ボンナ」ではボトル入りの怪味ソースも販売しているので、そちらも要チェック!

 続いては、近年続くタイ料理ブームを反映した商品。ヤマモリがこの夏発売したのは、そうめんにかけるだけで本場の味が楽しめる「大人の麺ソース タイ風ガパオ味」。

具だくさんでパンチも効いているので、男性でも満足できそうな「大人の麺ソース タイ風ガパオ味」(132円)。

 タイの屋台料理として定番の「ガパオ」は、ひき肉のバジル炒め。日本でも外食チェーンのメニューに採用されるなど最近認知度が急上昇している。でも、そうめんとガパオって? と半信半疑で食べてみると、意外なほどマッチ! 本場の味と麺との相性を両立するため具材の大きさやソースの味を何度も調整したと言うだけあって、ゴロゴロ入ったタケノコの歯ごたえと後を引く辛さが、のど越しの良いそうめんの中で良いアクセントになっている。本場タイの屋台のように目玉焼きを添えれば、更に食べ応えとまろやかさがアップ!

 同商品は1袋1人前というのもポイント。唐辛子の辛さとバジルの香りがビールとの相性ピッタリなので、おひとりさまの夕飯にもってこい。また家族で1人ずつ違った味を楽しむというのも、新しいそうめんのカタチかも!

 暑い日でもつるつると食べやすいのが魅力のそうめんだが、もう少しボリューム感が欲しい人には、永谷園の「まんぷくそうめんつゆ 焼肉風しょうゆ」がおすすめ!

「まんぷくそうめんつゆ 焼肉風しょうゆ」(202円)。子供からお年寄りまで大好きな甘辛味でそうめんが進む。

 試してみると、冷たくて食感はそうめんなのに、しっかり焼肉味だから不思議! 永谷園の広報室にその理由を聞いてみた。「冷たくても固まらない油を使用するほか、肉の旨みやごま油のコクを楽しめるよう工夫しました。濃厚な味わいで、食べ切ってもつゆの味が薄くならないのも、まんぷく感を得られる理由です」と萩尾安希奈さん。男性ウケする甘辛味なので、同商品があれば彼から「またそうめん?」なんて言葉は聞こえなくなりそう!

 「大人の麺ソース タイ風ガパオ味」と「まんぷくそうめんつゆ 焼肉風しょうゆ」は、夏期限定商品として例年9月上旬頃まで店頭に陳列されるそう。見つけたら早めにゲットがおすすめ!

 次のページでは、旅行気分も楽しめるご当地そうめん!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
グルメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ