• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

野菜の王様! モロヘイヤで夏もパワフル&ビューティー!

2015年8月21日

夏バテ知らず! モロヘイヤのとっておきレシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 「新・一人暮らし女子のための新野菜手帳」(パソコンの方はこちらをクリック)。今回ご紹介する野菜は、夏が旬の「モロヘイヤ」です! 「野菜の王様」と呼ばれるほどの高い栄養価。暑さの厳しいこの時期、働き女子のみなさんにはぜひ食べていただきたい野菜のひとつです。

 最初にモロヘイヤがどのような野菜か確認していきましょう。

 原産地はエジプトを中心とする中近東やアフリカ。エジプトではなんと5000年以上前から普及しており、現在でも日常的に親しまれています。日本に導入されたのは1980年代からと比較的歴史は浅いですが、栄養的価値がとても高いことも手伝い、市場に出回ってからまたたく間に普及しました。

 その栄養価は緑黄色野菜の中でもトップクラス。同じく栄養価が優れているホウレンソウをも上回り、ビタミンCは約2倍、β‐カロテンは約2.5倍、カルシウムはなんと5倍以上も含まれています。そのほか、疲労回復や代謝をサポートするビタミンB群も豊富で、独特の風味とオクラのような粘りが特徴。このぬめりはムチンと呼ばれる成分で、胃のトラブルを予防するほか、便秘改善や高血圧予防も期待できます。パワフル&ビューティーをサポートするにはぴったりの野菜です!

*下茹でのポイント*

 主に若葉を食用としますが、やわらかめの茎は食べることもできます。下茹での際は、葉と茎をあらかじめ分けておき、時間差で茹でましょう。その際、茎の根元はあらかじめ切り落としておくと後の調理が簡単です。根元の部分は手でポキンと折るようにすると、硬い部分だけとることができます。

 時期によって葉や茎の硬さは変わりますが、加熱時間の目安は茎は約1分、葉は約20秒。たっぷりの湯に塩を少々入れ、まず茎、そして葉の順に鍋に入れて茹でます。茹で上がったら冷水にさらし、冷めたら水気をきり軽くしぼりましょう。

 それでは、ここからはパワフル&ビューティーを目指す方のためのモロヘイヤの簡単レシピをご紹介します!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
金子祥子
金子祥子
野菜ソムリエ、管理栄養士。出産を機に食生活を根本から見直し、産後15kgのダイエットに成功。自身の経験から、野菜や果物を楽しみながら、いつもの毎日を「太りにくい」「心地よい」生活にすることで健康へ導くスタイルを提案。現在は特定保健指導や健康セミ ナー講師のほか、食習慣コンサルティングなどを行っている。
ブログ:http://ameblo.jp/shokokaneko
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材グルメライフ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ