• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

夏の暑さでPCのパフォーマンスも低下する!? 「熱暴走」への対処法

2015年8月10日

体の体調管理とともに、PCの「熱暴走」に要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「習慣心理学」の佐々木正悟です(連載トップページ:スマートフォンはこちら、パソコンはこちら)。

 ものすごく暑い日が続きますね。

 これだけ暑くなると、人間の体調管理も大事ですが、MacやPCの健康にも気を使います。ご存じかもしれませんが、パソコンは熱に弱いのです。

 夏の真っ盛りに、急に画面表示が不安定になったり、ネットにつながっているはずなのに、画面が表示されないとしたら、とりあえずパソコンが熱くなりすぎてないかを疑ってみるべきです。

 私自身のPCの場合、左上の部分、ファンクションキーのF2やF3の真上あたりの細い金属部分を触ってみます。熱くて指をやけどしそうだったら、完全にアウトです。

 そうなる前に手を打ちましょう。

●緊急措置として、パソコンをずらす

 とりあえず、大型のデスクトップであれば、そこそこの冷却装置を備えているだろうという前提で、話をノート型パソコンに絞ります。

 前述したように、手遅れなくらいパソコンが熱くなってしまっていたら、電源を落とすのがいいわけですが、即座にそんなことをするわけにいかないケースも多々あるでしょう。

 そういう場合は、とりあえず、ノートパソコンの置いてある位置をずらします。これだけでけっこう改善されるものです。

 ずらしてみると、パソコンの下がいかに熱くなっているかがわかります。機種にもよりますし、作業内容にもよるので、一般的なことは何も言えないのですが、なんだかパソコンが「すごい音」をたてている(普通はファンが激しく動いている音)ようであれば、マシンの下も相当熱くなっています。ずらす、持ち上げる、などして、とにかく熱を逃がすことです。

 もちろん、そのまま作業を続けてしまってはせっかく冷やしても、すぐにまた異常に熱くなってしまいますので、できれば作業中のファイルを保存するなりしてから、電源を切って冷やすことです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐々木正悟
佐々木正悟
心理学ジャーナリスト。「ハック」ブームの仕掛け人の一人。専門は認知心理学。1973年・北海道生まれ。ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程で学ぶ。
ブログ「ライフハック心理学」主宰
Twitterはこちら
関連キーワードから記事を探す
PC・スマホお仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ