• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いつの間にかお金が貯まる!財形貯蓄のメリット

2015年8月4日

「先取り貯蓄」は積立の王道。給与天引きできる財形を活用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「ワークルールとお金の話」の社会保険労務士の佐佐木由美子です(連載トップページ:スマートフォンはこちら、パソコンはこちら)。「お手軽に、無理なくお金を貯められたら…」そのように考える方にお勧めなのが、財形貯蓄。今回は、財形のメリットについてお伝えします。

■「先取り貯蓄」で貯まる体質を目指す!

 お金を貯めよう!と決意しても、ついつい出費がかさんでしまい、気づけば「今月も貯金はできなかった…」とがっくりとした経験はありませんか?

 お金を無理なく貯めるには、自動的に貯まる仕組みを作ってしまうことが大切。そこで、給与が入ったら、まず一定額を貯蓄に回して、残りのお金で生活をするという、いわゆる「先取り貯蓄」がお勧めです。

 ここで活用したいのが、「勤労者財産形成貯蓄」。略して、財形貯蓄と言えば、聞いたことはありませんか?

 財形貯蓄は、勤労者の計画的な財産形成の促進を目的とする法律に基づく制度で、税制上のメリットが設けられています。また、財形貯蓄を行っている従業員に、奨励金の給付制度を導入している職場も多く、積立貯蓄の王道と言っても過言ではないでしょう。

 この制度を利用できるのは、被用者、つまり給与をもらって雇われている人で、民間企業や団体に勤める会社員・職員や、国・地方公共団体の公務員などが対象となります。勤務先に財形貯蓄制度があれば、これを始めない手はありません。

■目的別に3種類のメニューあり

 財形貯蓄制度には、目的別に「一般財形貯蓄」、「財形年金貯蓄」、「財形住宅貯蓄」の3種類があります。積立額は、原則1000円以上から、1000円単位を基本とします。

 お金の使い道は限定せず自由に、とりあえず貯めたい! という方には、「一般財形貯蓄」がお勧め。積立期間は3年以上、契約時の年齢制限もなく、複数の契約も可能です。

 老後の生活が不安という方は、「財形年金貯蓄」も。契約時に55歳未満、5年以上の積立期間が必要となりますが、60歳以降に5年以上の期間にわたって、年金として受け取ることができます。

 将来の住宅購入資金に充てたい、と目的が明確であれば、「財形住宅貯蓄」もよいでしょう。こちらも、契約時に55歳未満、5年以上の積立期間が必要となりますが、「財形年金貯蓄」と「財形住宅貯蓄」あわせて元利合計550万円(財形年金貯蓄のうち、郵便貯金、生命保険・損害保険等の保険型は払込ベースで385万円)まで非課税措置となる点でメリットがあります

 その反面、目的外の払い出しをすると、5年間さかのぼって利子が課税扱いとなってしまう点に注意が必要です。

 非課税というのは魅力ですが、積立の目的がはっきりとしていなければ、「一般財形貯蓄」で積み立てるのがよいでしょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。中央大学大学院戦略経営研究科修了(MBA)。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ