• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

目からウロコの仕事ハック

ストレス敵視は悪影響を及ぼす!?知られていなかったストレスの真実とは?

2015年7月30日

捉え方ひとつで良くも悪くも作用するストレス。その本質を知ることで自分の味方に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

本コラム( スマートフォンはこちら)では「アイデアを実現するためのカリキュラム」の提供を目的としたブロ

99Uの記事をご紹介していきます。仕事に関するさまざまなノウハウを取り上げた本サイトでは仕事効率化、

モチベーション、失敗の対処法、メール術、体調管理など幅広いテーマをカバー。仕事にまつわる様々なテー

マを学問的な知見を交えながら分かりやすく解説。常識を覆すユニークな視点で書かれた記事が魅力です。

 誰もが抱えるストレス。これまで過度なストレスは、心身の病気を引き起こす「悪者」として扱われてきました。そういった前提のもと、私たちは生活の中で「いかにストレスを軽減するか」ということを長年問い続けてきました。

 実は、こうした一般的なストレスの見方が見落としているある事実があります。それはKelly Mcgonigal(ケリー・マクゴニガル)が言うところの「ストレス・パラドックス」というものです。自力で気づくことはなかなか難しいのですが、それを知っておくだけでストレスとの付き合い方や、それをどう味方につけるかを理解することができるようなり、本当の意味での「ストレス軽減」にもつながります。

 99Uコラムで今回取り上げるのは、現代のストレスの定義に揺さぶりをかける研究者の一人Kelly Mcgonigal(ケリー・マクゴニガル)が99U主催のトークで語ったストレスに関する見解です。


 健康心理学者である私は、ストレスをウェル・ビーイング、生産性、幸福、そして健康を獲得する上での「敵」と捉えるよう教育、訓練され、それをもとに長年ストレスを軽減、回避する手助けを行ってきました。しかし、ここ数年でストレスに対する考え方が根本的に変わりました。

 Mcgonigalのストレスに対する理解を大きく変えたのは、近年発表されたストレスに関する数々の研究結果です。

誰もが見落しがちな「ストレス・パラドックス」とは?

  Mcgonigal含め、多くの研究者達を驚かせたストレスに関するある研究結果があります。


 国のストレス指標が高ければ高いほど、GDP、平均寿命、幸福感、また、生活、仕事、コミュニティー、健康に対する満足度が高いのです。つまり、毎日が特別ストレスフルだと感じている人が多ければ多いほど、国民の健康、経済のみならず社会全般に良い結果が及ぶのです。

 この結果を聞くと、混乱する人がいるかもしれません。ストレスは私たちに悪影響を及ぼすものではなかったのでしょうか?もちろん、ストレスの不快感は決して気のせいではありません。この研究を行った研究者達は、過度なストレスが同時に悲しみ、心配、怒りといった感情とも相関性があることを突き止めています。

 つまり、この一見相反する2つの研究結果が明らかにしているのは、ストレスが良い影響も悪い影響も及ぼすという事実です。


 研究者達はつまり、ストレスの原因となる状況が、ポジティブな体験も引き起こすことに気づいたのです。私が「ストレス・パラドックス」と呼んでいるのはこのことです。それがプラスな影響をもたらすのにも関わらず、その場で感じるストレスに対して私たちは苦痛を感じ、それを人生のやっかいものとして捉え、ストレスが軽減されることを望みます。

 ストレス下にあるとどうしても見えにくくなってしまいますが、


 ストレスは、自分の人生において愛情、笑い、学び、成長をもたらす人生の出来事にどれだけ真剣に取り組んでいるかのバラメーターにもなりえます。ストレスは私たちが最も手に入れたいと思う愛情、幸福、成功、富、満足感、そして人生の意味を与えてくれるのです

 ストレスは私たちに、人生の意味さえ与えてくれることも分かっています


 将来のことを不安に思う時間でさえ、より人生を意義深いものにしてくれるのです。意義深い人生に寄与するものは何かを検証した研究において実際に導き出された主要な結論のひとつに、一般的に人生に強い意味を感じる人は、そうでない人に比べ心配が多く、ストレスも多いというものがあります。

 つまり、ストレスがあるからこそ人生が豊かになるのです。ストレスがない人生は、とても平坦でつまらないものになるでしょう。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナーコミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ