• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

台風12号、進路は「猛暑を呼ぶ」コース!? 高熱並みの暑さとなるエリアも

2015年7月24日

台風12号の影響で、東海~関東ではかなりの高温に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「天気のヒミツ」の気象予報士・伊藤みゆきです(連載トップページ:スマートフォンはこちら、パソコンはこちら)。

 24日、四国の梅雨が明けました。平年より6日、去年より4日遅い真夏到来です。

雲ひとつない夏空が広がる野球場
7月21日千葉県にて撮影。いまは甲子園出場の切符をかけて各地で高校野球の地方大会が行われているが、今週末も猛烈な暑さに見舞われる地方がある。

 今年は九州南部に次いで関東の梅雨が明けるなど変則的でしたが、これは「大きな太平洋高気圧が南からしっかり日本を覆う」という形ではなく、九州や四国に比べて東に位置する関東付近がかろうじて「それほど強くない太平洋高気圧の圏内」に収まり、その他の地域まで高気圧の勢力が及ばない場合にみられることが多いです。

 2013年も、九州(北部・南部)や四国より2日早い7月6日に関東甲信地方の梅雨が明けました。この年は、北陸と東北の梅雨明けが8月7日~10日と、関東などより1カ月以上遅れました。

 その前の変則型は2009年、九州南部に次いで関東甲信地方が7月12日に梅雨明けした後、四国が7月30日、東海と近畿が8月3日、九州北部が8月4日と遅い梅雨明けとなり、中国・北陸・東北の梅雨明けは確定しませんでした。

 今年の梅雨入り・明けの日にちはまだ暫定値です。

 再検討後、9月に発表された日が記録に残りますが、今のところ今年の梅雨明けのカギは台風が握っているようです。

 台風9号が7月9日~10日に沖縄付近を通過したあと、日本付近は高気圧が強まって猛烈な暑さとなり15日に奄美に梅雨が明けました。

 台風11号が7月16日~17日に四国から中国地方を北上したあと、再び高気圧が勢力を増し、17日に九州南部、19日に関東甲信、20日に中国・近畿・東海、21日に北陸の梅雨が明けました。

 今回の12号の進路によって、また高気圧の勢力が増すとみられます。

図1 台風12号の進路予想図(24日9時発表)
台風は25日に沖縄や奄美付近を通過した後、東シナ海を北上するとみられる。このコースは日本付近の高気圧を強める傾向で、週明けにかけて晴れる所は猛暑に注意。台風の進路はまだ不確定、最新の情報で確認を。(気象庁HPより)

 進路にあたる沖縄本島や奄美は、荒れた天気に注意が必要ですが、晴れる地域では気温がぐっと高くなり、猛烈な暑さに要注意です。

 特に、高気圧にしっかりと覆われる東海から関東ではかなりの高温が予想されます。

図2 7月25日~31日の予想気温(23日気象庁発表 1カ月予報より)
東海や関東甲信地方は暑くなる確率がかなり高い。九州で平年並みか低くなるとみられるほかは、高温傾向。熱中症に要警戒!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ