• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

実は男性をイラッとさせたり傷つけていたりする!?女性にありがちな会話の傾向とは

2015年7月21日

異性との会話がうまくかみあわない「だらだら喋り」に要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 女子会トークは最高に楽しめるけれど、男性を相手にすると盛り上がらない。気付くと相手の眉間にしわ……“私、なんかいけないこと言った?” ――そんなことはありませんか?
 『あまちゃん』『サラリーマンNEO』『となりのシムラ』などの演出・監督を手掛け、現場で培ったおもしろい会話術を説いた著書『「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!』(SBクリエイティブ)もある吉田照幸さんの本連載。最終回は女子にありがちな喋りかたについてお聞きしました。実はあなたの言葉が、知らぬ間に男性を傷つけているかも……?

【お悩み】
「オンナの喋りかた」のどこがいけないの!?
 女子同士ではそれなりに楽しくお喋りできている気がします。
 でも男性相手の会話となると、まるでダメ。かみ合わない、スムーズに進まない、盛り上がらないばかりか、なぜか会話中に相手が不機嫌になることもしばしばです。このあいだなんて婚活で知り合って、ちょっといいなと思った男性がいたのですが、何度かお会いして話しているうちに「女性のそういう喋りかたって、イラつくんですよね!」と怒らせてしまいました……。以来、なしのつぶてです。
 オンナの喋りかた、と言われてもどこがいけなかったのか。自分では思い当たるところがなく、怒らせてしまった理由がわかりません。正直、困惑しています。私の話しかたのなにがいけなかったのでしょうか……。
(ひでこ・29歳・医療関係)

■あなたの“否定のしかた”、知らぬ間に男性を傷つけているかも!?

 なるほど。実は男性から見て気に障ってしまう女性の話しかたの特徴、というものがいくつかあります。もしかするとあなたも知らず知らずのうちに、それに該当する話しかたをしてしまっているのかも知れませんね。今回はよく聞かれるものを挙げてお伝えしましょう。

 ひとつは相手の意見を「違うな」と思ったとき。単刀直入に「それ、違います」と言っていませんか? 実はこの言いかたをされると、男性はとても傷つくのです。

 女性は、あくまでも“私個人が”「その意見は違うと思う」と言っているにすぎず、おそらくそれ以上の意図はないことでしょう。

 でも男性には“社会全体が”「それは違う」と言っているかのように聞こえてしまうのです。

 ですから、男性相手には「違います」と即答するのではなく、

「そういうのもたしかにありますね。ただ今回の場合は違うのではないでしょうか」

「なるほど、それもひとつですよね。でもいま私が考えているのは……」

 といったように一度承認してから否定する、というかたちをとってください。

 面倒かもしれませんが、これが“男性”というプライドが大事な生きものとのあいだで、物事を円滑に進めるコツです。女性同士の会話とは大きく違う点のひとつといえるでしょう。

 男性の意見を否定するときには気をつけてみてください。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
吉田照幸
吉田照幸(よしだてるゆき)
NHKエンタープライズ番組開発部エグゼクティブ・プロデューサー
1993年NHK入局。「のど自慢」「小朝が参りました」などエンターテイメント系の番組を中心に活躍。40分間一人で舞台の場を持たせるなど前節の技を鍛えつつ、芸人にも「面白い」と評判になる。2004年に「サラリーマンNEO」を企画、以後全シリーズの演出を担当。型破りな番組として人気を博す一方、タニタの社食、Google本社を日本のテレビ番組として初潜入、コントに日産のカルロス・ゴーン氏を引っ張り出すなど話題となった。第35回・36回国際エミー賞コメディ部門ノミネート(日本では唯一)。2013年春からは異例のレンタル移籍で、連続テレビ小説「あまちゃん」の演出を担当。現在、「となりのシムラ」といったコント番組やコメディ、新作ドラマ「洞くつおじさん」を制作中。ここ10年でもっともコントを制作している笑いのつくり手。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ