• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

食・美・体のTrend & News

ワキの黒ずみ、加齢臭にも対応の最新制汗剤

2015年7月27日

手汗・顔汗専用もあるので、汗に悩むあなたは要チェック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 制汗剤は、ワキ汗に留まらず、手汗や顔汗、加齢臭まで抑える時代。人前ではいつもにおいや汗ジミが心配――。そんなふうに気になってしまう人は、まず制汗剤を替えてみよう。

 ここ数年で、「ワキ汗を抑える制汗剤」はもう定番に。今年の注目は、基剤の工夫で密着性を高め、緊張した瞬間にドッと吹き出る大量の汗もしっかり抑えるタイプや、顔汗・手汗用など、より限定されたニーズに応える制汗剤だ。

 とはいえ、汗を抑えるメカニズムはどれも「人工的に角栓を作って汗腺をふさぐ」と、基本的には同じ。汗の水分に溶けてゲル状になるクロルヒドロキシアルミニウム(ACH)や塩化アルミニウムなどで汗腺をふさぐ、汗に含まれるたんぱく質に反応して凝固するパラフェノールスルホン酸亜鉛で汗の出口を小さくする、といった手法が用いられている。

 都立大塚病院皮膚科の藤本智子医長は、「ACHを含む制汗剤は出かけるときに限らず毎日使うことで効果が出る」と話す。

 ほかに、香り研究で培われた技術を生かし、いやなにおいをいい香りに変換する制汗剤も増えてきた。例えば資生堂が昨年発売した「エイジデオスプレー」には、加齢臭の原因物質であるノネナールを心地よい香りに変える成分が配合されている。

 実は、女性でも40歳を過ぎるころから加齢臭が出始める。同社が行ったアンケート調査では、35.9%の人が職場の女性の「加齢に伴うにおい」に気付いていると答えたとか。

 大量に汗をかくこれからの季節、自分の汗やにおいに敏感になりがちだが、「ワキ汗を抑えたと思ったら、次はほかの部位の汗が気になってしまうもの。あまり神経質になりすぎないで」と藤本医長は話す。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
スキンケア健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ