• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

美人な女友達に引け目……。私だってキレイになりたい!

2015年7月21日

第1回 自分磨きを怠ってきたズボラ&寝坊女子が「朝型生活」に挑戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 みなさん、お元気ですかー? お悩み女子が5月末に終わり、すっかりご無沙汰のたちばなりょうこです! 「あら、また出てきたのね!」という貴女、このしぶとさは、真夏の小バエ並みでございます。どこからともなくわいてきまっせ!

 さて今回は新たな企画をご提示いたします。題して「キレイになって絶対幸せになる!」。この企画は、ダイエットを心がけたり、スキンケアやボディケアに磨きをかけたりなど、様々な「美しくなる努力」をすることによって、心身がどれだけハッピーになるかをリアルに綴る、実戦型エッセイです。

 なぜ、この企画を始めたかと言いますと、わたくし、「いつか綺麗になりたい! 痩せて、肌ツヤのいい艶やかな女性になりたい!と思っていたにもかかわらず、長年、見た目をキレイにすることから目を背け、努力を怠り、気づくと40歳を超えていたのですね。

 そうなってしまったのは、過去の悲しい記憶にあるのかもしれず。というのも、周りの友達は子どもの頃からなぜか美人ばかりで、一緒に歩くと、明らかに男の子が私ではなく、美人の友達のほうばかり見て話しかけるんですな。「そりゃそうだよね。綺麗だもんね」(勝手な思い込みかもですが)と、自分に言い聞かせ、見た目がダメなら内面でカバーしようと、面白さに磨きをかけてきたわけです。

 でも、ホントの気持ちはどうなんだろう?と勇気を出して見つめてみると、ちょっと傷ついていた自分がいて。だからと言って、綺麗になってやろう! と反骨心をバネにするわけでもなく、フタをしたままあきらめて、その位置に甘んじ、たいして自分を磨く努力もしてこなかったのです。

 そんな自分の「本当は綺麗になりたい」と思う気持ちを正直に認めてあげて、行動に移そうじゃないか!とこの企画は始まったわけです。自分一人じゃ怠けるため、「私もキレイになりたい!」と願う、愛すべきズボラ族を募り、様々なダイエットや美習慣を一緒に頑張っていくこととなりました。

 私(40代)以外に、全部で4人の方(20代、30代を2人ずつ)にご参加いただいており、チームAとチームBの2チームに分けて、隔週で様々な美習慣にチャレンジしていきます。

 この企画を全面的に監修いただくのは、私の中学時代から親友であり、女性誌、テレビなどでも大活躍のダイエットエキスパート・和田清香さん。ダイエットのみならず、美容にも詳しい専門家です。もうわかりましたね、清香さんも美人の友達のうちの一人です(笑)。

 まずチームAの美習慣体験からご紹介していきますが、チャレンジしたのは、ズボラ族が最も苦手とする「朝型生活」です。そこにちょっとした美習慣を取り入れることで、心と身体に起こった良き変化を見ていきます。キレイになって心身ともにハッピーになることを目的としているため、体重やサイズを公開してその変化を事細かに綴るものではありません! 女性たちが自分磨きにあがく姿をリアルに描く読み物として楽しんでいただければと思います!

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ