• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

台風11号、今年初の「上陸台風」へ!?

2015年7月16日

日本の南の海上を「ゆっくり北上」、特に大雨に要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「天気のヒミツ」の気象予報士・伊藤みゆきです(連載トップページ:スマートフォンはこちら、パソコンはこちら)。

 七夕から、ひまわり8号が本格運用されました。送られてきた美しいカラー画像には3つ並んだ台風が映っていました。

西から7月2日午前3時に発生した10号
6月30日午前9時に発生した9号
7月3日午前9時に発生した11号でした。

図1 ひまわり8号が本格運用された7月7日11時の可視画像
これまでは白黒画像に「陸地は緑・海は青」と着色していたが、今はオーストラリアの台地が赤茶色に見えるカラー画像になった。台風の渦巻きが、東西に3つ並んでいる。(気象庁HPより)

 このとき3つ並んでいた台風はそれぞれの道を進みました。

 台風10号はフィリピンのルソン島を通過したあと北西に進み、先週金曜日の朝9時に南シナ海北部で熱帯低気圧に変わりました。

 台風9号は、先週金曜日に沖縄付近を通過したあと、週末から日本列島に猛暑をもたらし、月曜日の朝9時に温帯低気圧に変わりました。

 そして、15日9時現在、台風11号は大型で非常に強い勢力を保ったまま日本の南の海上を時速20キロで北上中です。

 木曜日の夜から金曜の朝にかけて西日本に接近・上陸し、土曜日の朝までには日本海に抜けるとみられています。

図2 台風11号の進路予想図
台風は風速25メートル以上の暴風域を伴って西日本に接近・上陸する恐れ。予報円の中心を通るとは限らないので、最新の情報で確認を。台風の中心位置に関わらず、細心の注意を。(気象庁HPより)

 今回の台風は、南の海からダイレクトに北上してきます。

 こういう場合、台風本体の雲がかかるまでは晴れのエリアに入っている可能性もあるので、「本当に台風が来るの?」と油断しがちです。しかし油断は禁物。

15日朝10時、東京・渋谷の空
前日からの晴天が続いているが、南の方にはモクモクとした雲の峰が見えてきた。台風を取り巻く一番北側の雲が現れてきた。

 15日夜には四国から関東の太平洋側に台風の雨雲がかかり始める予想です。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
伊藤みゆき
伊藤みゆき(いとう みゆき)
証券会社社員を経て、気象予報士に。日本テレビ衛星「NNN24」の初代気象キャスターに合格。現在はNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」気象キャスター。 光文社の雑誌『STORY』などで連載を持つなど、幅広く活動
関連キーワードから記事を探す
暮らし方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ