• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

世界のお財布事情 カードを使うほうが家計を把握しやすい?

2015年7月21日

買い物シーンに応じて利用する決済手段を決めるのも賢い方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。「お金に困らないで生きるには」のファイナンシャル・プランナー花輪陽子です(連載トップページ:スマートフォンはこちら、パソコンはこちら)。

 みなさんはコンビニやレストランでお会計をする時、洋服を買う時など、用途によってクレジットカードや現金などの支払い方法を決めていますか。働く女性の家計簿を見させていただいていると、現金払いとクレジットカード払いが混在していて家計を上手に把握できていない人が多いように思います。

 私は1ヵ月前からシンガポールで生活をしていますが、こちらではお会計の際にデビットカードやクレジットカードで支払っている人が多いです。現地の銀行で作ったキャッシュカードには日本でもおなじみの「Visaデビット」や現地の決済システムの「NETS」などのデビット機能が付いています。スーパーや飲食店などで1000円~5000円程度の支払いの際にはデビットを利用し、洋服などを買う時はクレジットカードを使うようにし、ATMからの現金引き出しは最小限にしています(手数料が無料になるのは月数回まで)。

 反対に高額の買い物の際に現金を利用するのは少ないようです。こちらに来て間もない頃、10万円のスクーターを買うのに現金で支払ったのですが、「キャッシュで支払った人は初めてだよ」と笑われました。また、コンビニなどで少額の支払いの際に50ドル札(日本円で4500円程度)を渡すと断られることも多々あります。日本ではコンビニで100円程度の買い物の際に1万円を渡しても大丈夫ですが、海外ではNGな場合もあるようです。

 Visaの「調査結果(2012年)によると、1000円から 5000円程度の日用品や軽食の支払いにおいて、東京の女性の68.0%は現金払い(次いでクレジットカード払いが31.3%)、ロンドンの女性の55.0%がデビットカード払い(現金払いが35.0%)、ソウルの女性の49.3%がクレジットカード払い(デビットカード払いが46.3%)なのだそうです。国によってお金の支払い方が大きく違いますね。日本では現金払いが一般的ですが、他の多くの先進国ではデビットカードやクレジットカードなどのカード類を活用している女性が多いようです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
花輪陽子
花輪陽子(はなわ ようこ)
1978年三重県生まれ。ファイナンシャルプランナー(FP)。元外資系の投資銀行勤務。OL時代にはまったショッピングによりカードローンの残高は最大200万円に。失業も経験する。お金にコンプレックスがあり、勉強してFPになる。現在は雑誌・新聞・テレビ・ラジオ出演や全国講演などを精力的に行っている。著書に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP)、『貯金ゼロ 借金200万円!ダメダメOLが資産1500万円を作るまで』(小学館)など。/Twitter:@yokohanawa/公式サイト:yokohanawa.com
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ