• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子のための法律相談所

【法律相談所】新作を買う代金=給料天引きシステム!?アパレル店員の不満

2015年7月14日

新作入荷のたびにいずれかを購入しなければならず、正直キツい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この連載、こんなとき、どうなる?「働き女子の法律相談所」(スマホはこちら)では、「こんな場合はどうなんだろう?」という、みなさんの日々の暮らしの中での素朴な疑問、質問、相談などにお答えする働き女子のための法律相談所です。

Question

 わたしは、レディースファッションのアパレル店員をしています。新作を入荷すると、店員は70%引きで新作のいずれかを購入しなければならず、購入した新作を着て接客します。実際に着ている状態をお客様に見せ、店員が上手く着こなしていると、お客様は関心を持ち、売上があがるだろうという店側の思惑です。
 実際購入してくださる方もいるので、その方法は納得できるのですが、新作が入ってくる度に購入するのは、いくらスタッフ割引があるとはいえ、きついです。新作の中で、どの服を買うかは自分で選ぶことができるので、自分の好みでないものを着させられるわけではないのですが…。
 これってなんだか給料から天引きされているようなシステムのような気がするのですが、法的に問題ないのでしょうか。(20代・女性)

 Answer

 新作の洋服を安く買うことができるのは嬉しい限りですよね。しかし、新作が入荷する度に買い続ける必要があるとなると,結構な出費になりますね…。 アパレル企業では販売員の制服に関して次のような取り決めをしていることがあります。

(1)販売員の服装は自由でよい
(2)会社が支給した制服を販売員に着用してもらう
(3)会社が販売員へ一定の制服代を支給する
(4)販売員に社割購入制度を利用して購入してもらい業務中に着用してもらう

 ご相談者の会社は、「新作を入荷すると、店員は70%引きで新作のいずれかを購入しなければならず、購入した新作を着て接客します」とのことですから、(4)のケースのようですね。

 会社が、自社製品を販売員に割引価格で販売し、購入を薦めること自体は問題ありません。 しかし、会社が従業員に対して自社製品等の購入を「強制すること」は、問題があります。 会社が強い立場を利用して購入を強制した場合、「公序良俗」つまり公の秩序や一般的な道徳観念に反するとして、従業員に対する不法行為が成立したり、売買契約自体が無効になったりする可能性があるのです。

 今回のケースでは、割引率が7割とかなり大きいことや、買わされる商品が日用品である洋服であり、さらにどの服を買うかは自分で選ぶことができるといった事情があるため、一概に違法とは言えません。

 しかし、例えば定価で購入することを強制されたり、買うものを指定されたり、かなりの量の購入を義務づけられたりなどの事情が加われば、使用者としての立場を利用して、仕事をさせることにからめて従業員に不要な商品を購入させるものといして、公序良俗に違反し、不法行為が成立する可能性が高くなるでしょう。

 70%引きとはいえ、新作を毎月のように買うとなると、毎月3~4万円の出費になるかもしれません。マネージャークラスの高給取りであれば問題ないでしょうが、給与が低い新人さんなどには痛い出費ですよね。これからアパレル企業に就職しようと考えている方は、制服についてどのようにしなければならないかを事前にしっかり確認した方がよろしいですね。

この人に聞きました
岩沙好幸
弁護士(東京弁護士会所属)
岩沙好幸(いわさ・よしゆき)

慶應義塾大学経済学部卒業後、首都大学東京法科大学院から都内法律事務所を経て、アディーレ法律事務所へ入所。司法修習第63期。パワハラ・不当解雇・残業代未払いなどのいわゆる「労働問題」を主に扱う。動物が好きで、最近フクロウを飼い始めた。労働トラブルを解説した書籍『ブラック企業に倍返しだ! 弁護士が教える正しい闘い方』(ファミマドットコム)が発売中。『弁護士 岩沙好幸の白黒つける労働ブログ』も更新中。

◆ご質問・ご相談をお待ちしています◆
「こんな場合はどうなんだろう?」と感じることはありませんか? 質問や相談がおありの方は、下のコメント欄からお寄せください。記事のテーマとして検討させていただきます(直接お答えすることはできかねますので、ご了承ください)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ