• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

働き女子のための法律相談所

【法律相談所】チリンチリン! と警音器をむやみにならすのは法律違反!?

2015年6月30日

ベルに驚いた歩行者が倒れて怪我をしたら“交通事故”可能性が

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この連載、こんなとき、どうなる?「働き女子の法律相談所」(スマホはこちら)では、「こんな場合はどうなんだろう?」という、みなさんの日々の暮らしの中での素朴な疑問、質問、相談などにお答えする働き女子のための法律相談所です。

Question

 この前歩道を歩いていると、後ろから自転車にチリンチリンと警音器(ベル)を鳴らされました。
 とても近くで鳴らされたので驚いて、後ろを振り向くとかなりのスピードで走り抜いていきました。
 後ろにいたおじさんも私と同じ状態だったのか、「危ないだろっ!」と大きな声で怒鳴っていましたが、自転車に乗っている人はイヤフォンを付けて音楽を聞いていたようで、おじさんに見向きもしませんでした。今回は、誰も怪我をしなかったので良かったですが、大事故になりかねません。
 この様に自転車を運転する人ってどうにかならないのでしょうか。(30代・女性)

 Answer

 エコで健康的な自転車ですが、危な~い! という光景、よく見ますよね。相談者さんと同じ経験のある方も多いのではないでしょうか。今年6月1日改正道路交通法が施行され、違反で摘発されたとか罰則が厳しくなったと話題の自転車ですが、今回の自転車も道交法違反の可能性があります。みなさんは違反がいくつあると思いますか?

 正解は…少なくとも5つです。

 まず、ベルを鳴らして歩行者に道を譲らせたことがある人は多いと思いますが、実はれっきとした違反で、2万円以下の罰金等の罰則もあります。

 そもそも、道路交通法上、見通しの悪い道路や曲がり角といった道路標識などで警音器(ベルやクラクション)を鳴らせとされている場合や危険防止のため、やむを得ない場合を除いて、警音器を鳴らしてはいけません。

 危険防止のため、やむを得ない場合とは、自転車に気づかず歩行者が寄ってきたり、急に飛び出してきたりする場合などですが、自転車が歩道を走るときは車道側を徐行、しかも歩行者優先なので、実際はかなり近距離の場合に限られることが多いでしょうね。もちろん歩行者に道を譲らせることは含みません。

 今回は、歩行者をどかすためだけにベルを鳴らしているようなので違反です。もし、むやみに鳴らしたベルに驚いた歩行者が倒れて怪我をしてしまったら、接触していなくても交通事故として治療費などの賠償責任を負う可能性があります。

 そして、他の違反は、歩道走行、猛スピード、通行妨害、イヤフォンで音楽を聴いていたことです。自転車は道交法上「軽車両」とされ、車と同じく車道を左側通行が大原則。例外的に、自転車通行可の標識がある、運転者が13歳未満の子供や70歳以上の高齢者、安全のためにやむを得ない場合などは歩道走行OKとされています。

 今回も、そのような状況でない限り、歩道走行は違反です。仮に、歩道走行OKでも、歩道では徐行しなければいけませんので、猛スピードで走行していたというのは違反です。また、自転車は歩行者の通行を妨害するときは、一時停止義務があるにも関わらず、一時停止せず、逆に歩行者をどかして走り抜けるという行為も違反になります。さらに、「危ないだろっ!」の怒鳴り声も聞こえていないようですので、イヤフォンで音楽を聴くなど運転に必要な周りの音が聞こえない状態での運転は各都道府県の条例によりますが、違反になってしまう可能性が高いです。

 今回の徐行違反なども含む、14項目の悪質な運転で3年以内に2回以上摘発されると、自転車運転者講習を受けなければならず、受講命令に従わないと5万円以下の罰金です。

 自転車事故でも、重大事故で1億円近い賠償額になったり、重過失致死傷罪に問われたケースもあったりします。事故後の後悔先に立たず、一人一人が自転車は車と認識を変え、歩行者に優しい安全運転を心掛けましょう。


この人に聞きました
正木裕美
弁護士(愛知県弁護士会所属)
正木裕美(まさき・ひろみ)

男女トラブルをはじめ、ストーカー被害や薬物問題、ネット犯罪などの刑事事件、労働トラブルなどを得意分野として多く扱う。身内の医療過誤から弁護士の道へと進む。2012年には衆議院選挙に愛知7区より日本未来の党の公認候補として出馬し、「衆院選候補者ナンバーワン美女」とインターネットや夕刊紙で大きな話題を呼んだ。2015年にアディーレ法律事務所へ入所。ブログ「弁護士正木裕美のまっさき通信」も更新中。

◆ご質問・ご相談をお待ちしています◆
「こんな場合はどうなんだろう?」と感じることはありませんか? 質問や相談がおありの方は、下のコメント欄からお寄せください。記事のテーマとして検討させていただきます(直接お答えすることはできかねますので、ご了承ください)

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ