• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

朝と夜で読む本を変えて、ひとり力を養う

2015年6月19日

本の知恵を確実に自分の力にしていくための読書法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。Before 9(ビフォア・ナイン)プロジェクト主宰/CONECTA代表、池田千恵です。

 第11回では、自分の時間を作るために、相手に時間の判断をゆだねないコツをご紹介しました。

 この連載(スマホはこちら)で提唱する「ひとり力」とは、「自分の頭と心を定期的に棚卸し、客観的に見つめて軌道修正していく力」のこと。

 独身、既婚、家族と同居、ひとり暮らし、子育て中…。どんな状況にあっても精神的、物理的に「ひとり」の時間を作ることはできます。「ひとり力」をつけることで、ほっとしたり、リフレッシュしたり、リラックスしたり、将来のことを楽しく想像したり、今までの振り返りをしたりできるようになれば、慌ただしい毎日も、心穏やかに過ごせるようになります。本来のあなたを、あなた自身の手に取り戻すひとつの手段が「ひとり力」をつけることです。

 第12回の今回は、本の知恵を確実に力にするための読書法についてお伝えします。

朝の「ヨジラー」&夜の「ヨジラー」?

 第10回でも述べた通り、今、早朝勤務について注目が集まっています。出社が早くなり、終業時間も早くなることを期待し、ハッピーアワーに力を入れる居酒屋やバーもあるそうです。夕方からのカルチャー教室やセミナーも盛況だと聞きました。

 夏至も近づき早起きがしやすい季節。今後は早起きして時間を有効活用する動きと、終業後の時間を有効活用する動きの両方が広まっていくことでしょう。終業後の活動で趣味での交流の時間が増えたり、スキルアップのための勉強の時間が増えたりすれば、その経験が仕事にも好影響を与えるようになるかもしれません。

 私、池田千恵は2009年に『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』という本を出版して以来、『朝活手帳』をプロデュースしたり、朝食会を朝活の支援をしたりという活動も行っています。拙著の読者が命名してくれた「ヨジラー(=朝4時台に起きて活動する人)」は当初、朝だけの呼び名のつもりでしたが、夕方4時からスキルアップに励んだり、楽しく飲んだりする人たちも「ヨジラー」と言えるかもしれません。

朝は「ひとり時間」、夜は「みんな時間」

 朝時間、夜時間。それぞれにおすすめの行動があります。

 朝は、眠っている間に前日までの未整理の記憶が整理され、クリアな状態になるため、じっくり机に向かって考えたり、一人で黙々と勉強したりという作業に向いています

 一方夜は、一日働いて疲れやストレスがたまっていることが多いので、じっくり考えたりするのにはあまり向いていないと感じています。あまり深く考え込まず、みんなとリラックスして会話したり、仕事で生まれたストレスをうまく発散する作業に向いています。夜セミナーに出る、勉強する、という方もいらっしゃると思いますが、(あくまでも私の経験ですが)セミナー後の復習はその日の夜よりも、次の朝のほうが頭に入るでしょう。

 つまり、「朝はひとり時間、夜はみんな時間」が最適だと言えます。基本的に朝=内向き(計画や熟成)、夜=外向き(実践や発散)と考えると分かりやすいでしょう。

 具体的に言うと、朝向いているのは次のようなもの。

読書
勉強(暗記モノは眠くなってしまうので、問題集作りなど、頭を使うことがおすすめ)
前日の反省を淡々とノートに書き出して冷静な頭で考える
早朝散歩(会社の一駅前で降りて、周囲を観察しながら新たな気分で出社)
仕事のシミュレーション(どのタイミングで上司やクライアントにチェックしてもらうか段取りを組む)
早朝グルメ(ホテルモーニングをゆったり食べながら高級な雰囲気に浸る)

 一方で夜向いているのは次のようなもの。

セミナーなら、座学というよりもディスカッションするタイプのもの
料理教室、パン教室など、先生&生徒同士の交流&食事が楽しめる教室
ダンス教室・ゴスペル教室など、体を動かしたり声を出したりしてストレス発散ができる教室
映画鑑賞、ミュージカル、ライブなど、終わった後感想を交換し合うことができるイベント

 ちなみに私は過去にワインエキスパートというソムリエに準じる資格や、チーズプロフェッショナルというチーズのプロの資格、きき酒師や酒匠という日本酒の資格を取得したのですが、朝はノートなどを作成して頭に入れる勉強を、夜は「実地訓練」と称し(言い訳して?)レストランを開拓してお酒を飲みながら実践勉強をし、無事合格しました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
池田千恵
池田千恵(いけだ ちえ)
Before 9(ビフォア・ナイン)プロジェクト主宰/ CONECTA代表。
図を活用した思考整理/情報発信/時間管理/目標達成手法を著書や講演、企業研修などで伝えるかたわら、朝9時までの時間を有効活用するための早朝セミナー「Before 9プロジェクト」を2008年より開催。ベストセラーとなった『「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)は、朝4時に起きる「ヨジラー」急増のきっかけとなる。『「ひとり時間」で、すべてがうまく回りだす!』(マガジンハウス)、『朝活手帳』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など時間管理に関する著書多数。 http://ikedachie.com/
関連キーワードから記事を探す
お仕事術働き方コミュニケーション術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ