• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

WOMAN EXPO TOKYO 2015

【イベント報告】働く環境は?やりにくいことは?…リケジョたちの今

2015年6月22日

ものづくり女子が考える『リケジョ力』の活かし方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

  ワーキングウーマンを対象とした国内最大級のイベント「WOMAN EXPO TOKYO 2015」が、5月23日~24日に東京ミッドタウンで開催された。働く女性が活躍できる環境づくりを応援する「日経ウーマノミクス・プロジェクト」の一環として行われたこのエキスポでは、豪華出演者が次々と登壇し約1万人の女性たちが聴講した。

 トークセッション「ものづくり女子が考える『リケジョ力』の活かし方」では、企業で活躍する5人のリケジョたちが理系女子大生に向けてメッセージを送った。

「リケジョ」の活躍はどんどん広がっている。この前のセッションでは、池上彰さんが「今なぜリケジョなの?」と題するトークショーを行った。

 製造や設計などに携わる、いわゆる理系職場で働く女性は、いまだ少数だ。『日経ものづくり』のアンケートによると、女性技術者がまったくいない職場は27.8%、1割程度いるという職場が72%。そんな中、現場の女性たちは何を求められ、どのように働いているのだろうか。製造業の現場に詳しい『日経ビジネス』記者の池松由香が、理系職場の第一線で活躍する5人のリケジョたちに話を聞いた。

女性が少ない理系職場の実情とは?

 理系職場でのアンケートによると、女性が職場に入ることに関して「新たな視点が加わることで製品やサービスの質が向上すると思う」という回答が7割にのぼったという。そのほか、コミュニケーション力に優れた女性が介在することによって情報伝達がスムーズになるというメリットを挙げる声もあり、女性技術者への期待の高まりが感じられる。

 しかし、まだまだ女性が少ない職場で働くうえで、困難なことはないのだろうか。

 JFEスチールで熱延工場の設備工事に携わる蜂谷由佳子さんは、「もともと男性だけの現場だったので女子トイレもない状況でしたが、皆さんが協力して迎え入れてくれました。体調の悩みなども率直に伝えて、業務に支障が出ないようにしています」と話す。

 女性は1人だけという環境ながらも、「『女性だから』ということは特に意識をしたことがありません。インド出張の際には、女性の地位が低いという背景があるため苦労しましたが、自分がすべきことを遂行しようという気持ちだけでしたね」と、ヤマハ発動機でオートバイなどの原動機を設計する中村綾子さん。

 YKKグループの生産本部で製造ラインの改善業務に従事する榊原令子さんは、「女性が珍しいだけに入社後は特に優遇してもらい、困ることはありませんでした。ただ、年次を重ねるに従って、実力がなければ通用しないのは当然のこと。信頼を得るだけの論理的な提案力や関係構築力が求められます」と語る。

“リケジョ力”を発揮して新たな価値を創造する

 女性ならではのセンスが生かされ大きな成果につながるのは、理系職場で働く醍醐味のひとつだ。カネカで衝撃吸収プロテクターの開発などを行う柴谷未秋さんは、「開発に携わった『ヒッププロテクター』は、高齢女性用のインナーウェア。ピンクとラベンダーの2色展開にしてリボンやレースをあしらったところ、男性社員からは反対の声もあったのですが、消費者からは好評でした」と話す。

 「理系の強みである情報収集力やデータ分析力に、女性特有の感性や度胸が加わることで、これまでにないチャレンジができるはず。特に新しい分野では、女性の視点が突破口になって革新が進んでいくのではないかと考えています」と、パナソニックで人間とエージェント(家電やロボットなど)の共生について研究する西川由理さん。

 理系職場でのアンケートによると、多くの男性が、考え方などにおいて女性とは差異があると回答している。そして、女性が加わることにより理系職場に多様性が生まれることが望まれているという。

 今後ますます多くの理系職場で“リケジョ力”が発揮され、日本のものづくりが発展することが期待される。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ