• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

LINEで意気投合!から思わぬトラブルに「スマホ版 親しき仲にも礼儀あり」

2015年7月13日

SNS中心で始まる人間関係は、リアルと異なる配慮が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ことばをつくるプロ・ひきたよしあきさんによる「モヤモヤが晴れた空」連載(パソコンの方はこちら)。働く女性の身近に起こりがちな、モヤモヤと感じる出来事に“キャッチコピー”をつけることで新しい視点が得られ、私たちの心に明るい光を灯してくれます。今回は、便利なSNSが引き起こした人間関係トラブルから、オンライン上のおつきあいの礼儀について考えます。

◆   ◇   ◆   ◇   ◆

 スマホを初めて手にしたのは、2009年の4月だった。

 半年前に日本で発売されていたが、新年度を迎えた4月に目につくようになった。扁平なガラスの上で指をチョコチョコ動かしている。

 貧乏くさい格好だなぁと、当初は斜めに構えていたが、一度触ったのが運のツキ。久々に夢にでるほど欲しくなり、ショップに駆け込んだ。

 当時はメールが主流だったように覚えている。それがTwitterになり、Facebookへと流れ、LINEの登場となる。

 新しいアプリがでる度に、日本語のスタイルも変わり、人間関係も大きく変化していった。

 一度も会ったことがない人と毎日の晩ご飯のおかずを交換しあう。リアルに顔を会わせている人よりも、よほど深く互いを知っているような錯覚に陥る。

 はじめてだけど、懐かしい。

 オフ会で顔を会わせる度にこんな気分になった。

 いい面ばかりではない。

 技術の進歩ほど早く、人間は変われるものではない。新しい人間関係のもつれやきしみもハチの巣を突いたように出てきた。

 岸本美穂さん(29歳)は、異業種交流会のような場で、3人の女性と知り合った。

 すぐに女子会がひらかれてLINEでグループをつくった。

 その一人に本庄麻衣さん(31歳)がいたという。旅行会社に勤める彼女は非常に感じのいい人だった。品もあり、知的でもある。岸本さんには理想的な女性に見えた。

 岸本さんを含めた4人は、それから急速に仲よくなり、しょっちゅうLINEにメッセージが流れるようになる。爆笑ネタがある。励ましがある。告白もあれば、下ネタも混じった。

 たった二ヵ月の間に、二年以上つきあった友だちのように思える。
 これが、間違いだった。
 とんでもないことになった。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ひきたよしあき
ひきたよしあき
博報堂クリエイティブプロデューサー。早稲田大学卒業後、博報堂に入社。クリエイティブ局で、CMプランナー、クリエイティブ・ディレクターを経て現職。明治大学で教鞭をとるかたわら、朝日小学生新聞にコラムを連載。年間約1000本のコラムをfacebookに投稿し、幅広い世代から圧倒的な支持を得ている。著書に、「あなたは言葉でできている」(実業之日本社)「ゆっくり前へ言葉の玩具箱」(京都書房)。facebook:www.facebook.com/yohikita
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ